ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について 5/6

 初代『機動戦士ガンダム』は本来は「ダブル主人公もの」だったのではないか、というのは以前書いた。“本来”はアムロと同時にブライトもまた主人公だったのである。
 『逆襲のシャア』は星山・安彦ワールドと切れているだけ、“本来”の構造が際立って表面化している。ブライトの重要性を抜きにして『逆襲のシャア』は成立しない。

 ブライトを要にすれば、アムロ─ブライト─ハサウェイ─クェス─シャア─アムロ……という連環がみえてくる。この連環こそ『逆襲のシャア』の核だったのだろう。連環が各人の物語を繋ぐからである。
 しかし初代ガンダムで脇役にされたのが祟った。“本来”の構造に戻そうにも、ブライトはすでにメインストーリーから外されてしまっているからである。「もうひとりの主人公」たらしめるほど、作品の主筋にからめていないのだ。

 富野ワールドではブライトは主人公たる男だが、いざ映像化するとなると、初代ガンダムからのルックスが邪魔をして脇役にみえてしまう。もちろん、常識人を代表するブライトだからこそ、あのルックスでいいという見かたもある。しかしもう少し何とかならなかったのか、というのが俺の見かただ。
 それはハサウェイにもいえる。ハサウェイのキャラクターデザインはあれでよかったのだろうか。クェスとはあまりにもかけ離れたルックスである。美男子である必要はないが、もう少し何とかならなかったのか。
 ハサウェイは『逆襲のシャア』の後日譚とでもいうべき小説『閃光のハサウェイ』でヒーローをつとめる若者である。
 ブライトやハサウェイのキャラクターデザインは、もう少し主人公格の“華”をもったものにした方がよかった気がするのだ。富野ワールドとルックスとの食い違いを一番感じる箇所だ。

 『逆襲のシャア』は一本の映画として観た場合わかりづらい。続編映画という要素のせいもある。しかしそれだけではない。各人の物語がバラバラなのだ。「とっ散らかった」印象がある。
 それは連環が機能しなかったからではないか、というのが俺の感想だ。
 連環が機能するには、ブライトという要は弱すぎたのだと思う。キャラクターに“華”がなく、一本の映画とした場合、「もうひとりの主人公」にみえないのである。

 初代にみられた富野ワールドと星山・安彦ワールドとの齟齬が生んだ「失敗」だったのだろう。
スポンサーサイト

コメント

逆襲という作品については

 とにかく複合的な意味合いが多かったという感じですね。

 初代の続編であり、『Z』の続編兼リメイクでもあり、そして何よりも増して単独の作品でもある。


 『Z』も初期は実に散漫であるが、ホンコン編以降はカミーユが急速に求心力を身に付けたため、彼一人の個人的な遍歴物語として確立された観もある。

 (そしてそこではシャアもアムロも新キャラたちと同等の「カミーユと関わった人間」の一人一人でしかなくなる。)


 逆襲においてそこにおいて位置するのは当然にクェスなわけだが、彼女は「女性」である事も手伝ってか求心力足り得ない。

 つまり中心部分が不安定なままなのだが、実はそれこそが富野監督の意図的な物でなかったかと思えるのもまたポイントで。

Re: 逆襲という作品については

 コメント、ありがとうございます。

>  とにかく複合的な意味合いが多かったという感じですね。

>  初代の続編であり、『Z』の続編兼リメイクでもあり、そして何よりも増して単独の作品でもある。

 なるほど、納得です。同時に、企画の段階で無茶だったんだな、と思います。
 続編映画と単独映画は両立させることもできますが、『逆襲のシャア』の場合は難しかったんでしょうね。その点ではうまくいってないな、と感じます。
 『Ζ』のリメイクというのは、何でそんなことをしようとしたのか、よくわかりません。

 作品にひとつのフォルムを与えるのはブライトの役目だった、と思っています。
 ミライ親子が、「生活者」「地球に残された人」の代表者として描かれる以上、ブライトはストーリーの根幹にいましたから。
 またハサウェイを通して、クェスを主人公とするサブプロットにも関連ができる。むろんメインの主人公アムロは戦友だしシャアと旧知の仲である。
 ブライトがもう少し主人公してくれていたらな、と俺などは考えてしまいます。

Zの初期タイトルが

 既に「逆襲のシャア」だった事も源流にありそうですよね。

 『Z』でカミーユが「単独主人公」として一本立ちしてしまった事もあって、「シャア主導」のドラマを改めて再構築した観もありそうですが。

Re: Zの初期タイトルが

 コメント、ありがとうございます。

>  『Z』でカミーユが「単独主人公」として一本立ちしてしまった事もあって、「シャア主導」のドラマを改めて再構築した観もありそうですが。

 なるほど。それはそうかもしれませんね。
 俺は最初から『Ζ』には「カミーユの物語」を期待していたので、かえってシャアの存在が邪魔に感じられました。

初期においては

 成長後の初代メンバーの顔見せの要素も強かっただけに、ホンコン編でようやくという感じでしたね。

 いつのまにかシャアやアムロにも劣らぬ「第三極」にまで伸し上がっているのも凄い。

 だからそれが失われた喪失感も大きいわけで。

Re: 初期においては

 コメント、ありがとうございます。

>  だからそれが失われた喪失感も大きいわけで。

 やはりテレビ版のラストは強烈でしたね。「まさか……」ですからね。

永遠のフォウの

 冒頭での「二人が意見を戦わせているのを少し離れて後ろで聞いている」というのが、この「三人」の位置関係を表している感じなんですよね。

 だからこそ逆襲の時期の彼がどうしていたかも気になるわけですが。

Re: 永遠のフォウの

 コメント、ありがとうございます。

 確かに「シャアとアムロ」との距離感は興味深いですね。不用意に出しゃばらないあたりがカミーユの人となりを表していると思います。

>  だからこそ逆襲の時期の彼がどうしていたかも気になるわけですが。

 もしも『逆襲のシャア』にカミーユを登場させるとしたら、彼にふさわしい大舞台を、メインとは別に用意しなければならなかったでしょうね。一騎当千の活躍をするでしょうし。
 『ハイ・ストリーマー』にも出てきませんでしたから、もしかしたら富野の脳内正史では、カミーユは廃人のままなのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/72-24b98888

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。