ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

『機動戦士Vガンダム』について 2/5 富野のドラゴンボール

 俺は『機動戦士Vガンダム』が好きだ。放映当時、夢中になって観ていたものだ。『Ζ』のように「うーむ」と複雑な思いで観ていたわけではない。純粋に面白かった。

 放映当時、いい歳である。面白がり方もちょっと大人のものだったことは否めない。

 スポンサーの無茶ぶりに富野がどう応えるのか、そこが見どころだった。そこに俺は『ドラゴンボール』を視ていた。
 「ああ、これは富野のドラゴンボール、ジャンプマンガだなー」という感想である。

 『ドラゴンボール』が鳥山明の“才能”で応えた異色作なら、『V』で感じていたのは富野由悠季は“ベテランの技量”で応えているということだ。
 毎週毎週、カタルシスを覚える話を、よくもまあ作れるな、と感心していたものだ。毎週ごとのカタルシスは「疲弊期」にはなかったことだ。

 『機動戦士ガンダムF91』から『V』までは企画が迷走しているというのが俺の印象だった。
 『F91』が“映画監督としての豪腕”で迷走をねじ伏せたように、『V』は“ベテランの技量”で迷走をねじ伏せようとしていると感じた。

 しかし『V』の場合ねじ伏せるところまではいかなかった、というのが俺の評価だ。それどころかむしろ迷走を自ら加速させたのではないかと思っている。

 カタルシスもある。インパクトもある。感動もある。しかしその底に流れるのは安易なセンセーショナリズムなのだ。これは回を追うごとに酷くなっていく。 
 こんな安直なことを、疲弊期を脱した“『F91』以後の富野”がやってしまうのであれば、俺はそこに“ベテランの技量”の頽廃をみる。
スポンサーサイト

コメント

迷走であり暴走

であるからこそ「バイク」でなければならないんだよなって感じですよね。

あるいは「輪」であるといっても良い。

その究極こそが、まさにエンジェル・ハイロゥというわけですが。

Re: 迷走であり暴走

 コメント、ありがとうございます。

 なるほど、バイクというのは象徴的かもしれませんね。

 巨大ロボより格下にみえるバイク部隊の登場には迷走を感じますし、巨大バイクにいたっては暴走を感じます。

 バイクに関しては「ちっこいのが巨大ロボと対決する」という絵面がそもそもアレだと思いますね。
 そういう絵面は『機動戦士ガンダム』にも『伝説巨神イデオン』にも出てきましたから、富野自身はどうやら好んでるらしい気もします。巨大ロボットアニメとしては「どうかしている」という絵面だと思うのですが。その意味でスポンサーが嫌気をさしたのもわかります。

 “「輪」の暴走”という観点からエンジェル・ハイロゥに言及されたところは新鮮に思いました。

バイクとなれば

とにかくイクの存在ですよね。

彼らが本当に「昇天」してしまう場面には驚きましたが。

Re: バイクとなれば

 コメント、ありがとうございます。

 うーん、そのあたりは記憶にないんですよね。ガロウ・ランっぽいなと感じたことは覚えているんですが。
 バイク関係はほんとうに嫌だったので、どうしても印象に残らないんですね。

富野監督によると「バイク戦艦」については嫌味のつもりで持ち出したはずなのに、それがあっさり通ってしまったのにむしろ驚いたと言ってますね。

そこもまた「名作しか作れない富野」の一面でしょうか。


エンジェル・ハイロゥについては、とにかく「様々なパーツに分離」しながら「落ち着きなく動き回っている」という印象が強いですね。

それも宇宙も地球もお構いなしといった感じで。

あの独特の「浮遊感」もまた本作のイメージというところでしょうか。

コメント、ありがとうございます。

 「バイク戦艦」なんて、よく発想できたな、と思いますね。何やってんのよ、という思いもありますが(笑)。
 スポンサーが欲したのは作品のフックになるケレン味だったと思うので、「バイク戦艦」でも何でもよかったのでしょうね。その「何でもいい」というところに富野監督はカチンと来ていたのかもしれませんね。

 ご指摘のエンジェル・ハイロゥの「浮遊感」、ちょっと覚えていなかったんですが、そのとおりだとすると、大地にこだわるウッソたちとの対比ということなんでしょうね。

富野監督の

凄さの一つが、あの発想力ですよね。

手塚治虫や星新一もそうですが、とにかく一般の常識を超えた発想をあそこまでよく出来るもんだと。

あるいは「輪」の発想としては、バグも前身といえそうですが。

Re: 富野監督の

 コメント、ありがとうございます。

 富野監督の発想力が凄いというのはまったくそのとおりだと思います。
 きっと「使えない」アイディアもそうとうあるではないかと推測しています。
 くだらなすぎて「使えない」というアイディアのストックがあるのではないかな。
 くだらない/使える、という判断を出すのは周囲の大事な仕事ですよね。
 それが『V』では「ああなっちゃう」というのが悲惨なところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/91-b66fb85f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (12)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (2)
Ζ (4)
F91 (8)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん