ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平井和正逝去

 富野由悠季とも対談しており、かれに『めぞん一刻』を読ませて、「とてもスリリングですね」という名台詞を言わせたのが平井和正という小説家である。
 また平井は初代『機動戦士ガンダム』を評して「ようするに『十五少年漂流記』ですね」とズバリ喝破したことも印象深い。
 (そのあたりはガンダム初期企画を採用した『銀河漂流バイファム』という作品もあるくらいだ)
 そのあと、平井は、自作『幻魔大戦』のコンセプトも“漂流する子供たち”という点で、『機動戦士ガンダム』と通底していると言及する。

 高度経済成長の熱気も全共闘の熱狂も過去のものとなり、世はシラケとトライブごっこに明け暮れた時代であった。
 大人はいい。金持ちのぼんぼんもいい。ようは金があれば熱気も熱狂も忌避された時代である。それらは「ダサかった」のだ。

 好景気とともに金持ちのぼんぼん道楽文化は大衆レベルまで降りてくる。夏はサーフィンや避暑地のテニス、冬はスキーだ。
 俺の場合、それらには愛憎半場する気持ちがある。それらを享楽しまた憧憬もあったからだ。

 しかしアニメにしろ小説にしろ貧乏人の娯楽である。どこぞのレストランがどうのどのクルマがどうの時計がどうのといった本当のトライブごっこには参加できない自分も自覚していた。
 多少の小金持ちはのちに俗にいうサブカルだのオタクだのというトライブごっこを発明するが、俺にはそれすらも惨めな思いで見守っていた。

 『機動戦士ガンダム』と『幻魔大戦』の時代とは、まともな大人、真剣に子供たちに語りかける大人がいなかっった時代である。

 なぜそれらがヒットしたのかは、これでおわかりだろう。
 
 たとえそれが間違っているかもしれないが、そこにはたしかに「真剣な大人」たちがいたのだ。
 
 “時代”に違和と疎外を感じていた若者たちが、それらの作品とその作家たちに惹かれたのは当然のことのように思える。

 その平井和正が世を去ったというのは、自身のこころの一部を喪失したような悲哀がある。

 ご冥福をお祈りします。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。