ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

震災中、震災後の著名人の奇妙な言動について

 震災中、震災後の著名人の奇妙な言動については、俺は基本的にノーカウントにしている。かれらのキャリアと結びつけて考えない。
 これはその著名人が東北関東以外に住んでいても同様。ネットで凄いデマが出回っているのだから状況は似たり寄ったりだ。
 期限はなし。回復に個人差があるので。
スポンサーサイト

『オリジン』アニメ化について

 以前にも書いたと思うが、安彦良和はこどもから若者までの主人公の主観視点で描いた作品ならじゅうぶんに普遍的な面白さをもっていると考えている。しかしそれ以外を描くとなるととたんに破綻する。
 その破綻もまた味なのだが、あれだけ魅力的な絵が描けるのに、それほど売れるマンガ家になれなかったのは、そこに理由があるのだろうと思っている。
 安彦良和の世界観は、TV時代劇のそれだ。悪代官と可哀想な大衆でできた世界観である。そのなかでヒーロー未満の青年が奮闘するという話が多いように思う。重いテーマを扱うこともあるのだが、世界観の単純さが読みやすさにもなっている。
 TVや映画の『ガンダム』は原作者富野やメインライター星山たちによって文芸性が吹きこまれていたが、安彦版では見事に文芸性が消えてしまっているのは同じ構造的問題である。表層は『七人の侍』をなぞうろうとも、内容が『水戸黄門』の世界観では、破綻するわけだ。
 文芸アニメ映画の傑作『カラフル』を企画した内田健二社長であれば、そのあたりのことは理解しているはずだ。それでもやるというのなら、なにがしかの理由があるのだろう。

 『Ζ』をつくる、ときいたとき感じたのは、ガンダム的なものが敗北した、ということだ。
 『オリジン』をつくる、というのは、ガンダム的なものにとって、二度目の敗北である。

 『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』の続編映画がつくられる、ときいたときの悲哀が蘇る。
 どれほどヒットしても、しょせんアニメは内容で評価されないのか、という悲哀だ。綺麗に終わった物語の映画の続編製作は商業主義以外のなにものでもないからだ。

 だから俺にとりガンダムは特別だったのだし、『Ζ』製作は、ガンダム的なものの敗北だった。
 その後の撤退戦、抵抗戦は、ご存知のとおりだ。非富野ガンダムも、商業主義オンリーに堕落することはなかったのではないだろうか。「ガンダム沢山出して」「あと美少年も沢山」「あと美少女沢山」「あとおっぱい」とエスカレートする商業主義の要請のなか、それでもガンダムという抵抗する意思だけは持っていたのではないだろうか。

 「ガンダムエース」という雑誌を初めてみたとき「ガンダムファンオンリー雑誌って(笑)」と正直にいうと引いた。作品性や作家性に偏ってみてしまう俺のような人間には、退嬰というかあまりにも内向きな気がしたのだ。ガンダム的なものとは対極にあるように見えた。とはいえそれで仕事が増えていろいろな人が食えるのならそれはそれでありデスヨネとも思っている。
 しかし、作品性と商品性のせめぎ合いから生まれる新しい何かというガンダム的な力場ではなかっただろう。そこでは、新しい安彦解釈ガンダムがあいかわらず美しい描画によって生み出され、新旧超えたガンダムファンたちの賛辞のなかでゆっくりと退場していくのだろうと思っていた。

 だからまさかこの歳で、「しょせんアニメは内容で評価されないのか」という悲哀を味わされるとは思わなかった。しかも初代『ガンダム』に対して、しかも相手は安彦良和という顔ぶれである。

 初代『ガンダム』には、「こどものおやつ」をつくれ、といわれて、出てきたものが、こどもから大学生くらいまで楽しめる「なんか変な料理」になっていた、というミラクルがあった。
 しかし『オリジン』は、最初から最後まで「ガンダムファンのおやつ」だった。あらかじめ存在しているファンに向けて、あらかじめ期待されているものを与えただけの話である。

 しかしこの企画、商業主義のむちゃぶりと戦う、という非富野ガンダムでもおそらく展開されていた葛藤がない可能性があり、いよいよガンダム的なものが失伝(笑)されていく時期なのかもしれない。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん