FC2ブログ

ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災中、震災後の著名人の奇妙な言動について

 震災中、震災後の著名人の奇妙な言動については、俺は基本的にノーカウントにしている。かれらのキャリアと結びつけて考えない。
 これはその著名人が東北関東以外に住んでいても同様。ネットで凄いデマが出回っているのだから状況は似たり寄ったりだ。
 期限はなし。回復に個人差があるので。
スポンサーサイト

『オリジン』アニメ化について

 以前にも書いたと思うが、安彦良和はこどもから若者までの主人公の主観視点で描いた作品ならじゅうぶんに普遍的な面白さをもっていると考えている。しかしそれ以外を描くとなるととたんに破綻する。
 その破綻もまた味なのだが、あれだけ魅力的な絵が描けるのに、それほど売れるマンガ家になれなかったのは、そこに理由があるのだろうと思っている。
 安彦良和の世界観は、TV時代劇のそれだ。悪代官と可哀想な大衆でできた世界観である。そのなかでヒーロー未満の青年が奮闘するという話が多いように思う。重いテーマを扱うこともあるのだが、世界観の単純さが読みやすさにもなっている。
 TVや映画の『ガンダム』は原作者富野やメインライター星山たちによって文芸性が吹きこまれていたが、安彦版では見事に文芸性が消えてしまっているのは同じ構造的問題である。表層は『七人の侍』をなぞうろうとも、内容が『水戸黄門』の世界観では、破綻するわけだ。
 文芸アニメ映画の傑作『カラフル』を企画した内田健二社長であれば、そのあたりのことは理解しているはずだ。それでもやるというのなら、なにがしかの理由があるのだろう。

 『Ζ』をつくる、ときいたとき感じたのは、ガンダム的なものが敗北した、ということだ。
 『オリジン』をつくる、というのは、ガンダム的なものにとって、二度目の敗北である。

 『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』の続編映画がつくられる、ときいたときの悲哀が蘇る。
 どれほどヒットしても、しょせんアニメは内容で評価されないのか、という悲哀だ。綺麗に終わった物語の映画の続編製作は商業主義以外のなにものでもないからだ。

 だから俺にとりガンダムは特別だったのだし、『Ζ』製作は、ガンダム的なものの敗北だった。
 その後の撤退戦、抵抗戦は、ご存知のとおりだ。非富野ガンダムも、商業主義オンリーに堕落することはなかったのではないだろうか。「ガンダム沢山出して」「あと美少年も沢山」「あと美少女沢山」「あとおっぱい」とエスカレートする商業主義の要請のなか、それでもガンダムという抵抗する意思だけは持っていたのではないだろうか。

 「ガンダムエース」という雑誌を初めてみたとき「ガンダムファンオンリー雑誌って(笑)」と正直にいうと引いた。作品性や作家性に偏ってみてしまう俺のような人間には、退嬰というかあまりにも内向きな気がしたのだ。ガンダム的なものとは対極にあるように見えた。とはいえそれで仕事が増えていろいろな人が食えるのならそれはそれでありデスヨネとも思っている。
 しかし、作品性と商品性のせめぎ合いから生まれる新しい何かというガンダム的な力場ではなかっただろう。そこでは、新しい安彦解釈ガンダムがあいかわらず美しい描画によって生み出され、新旧超えたガンダムファンたちの賛辞のなかでゆっくりと退場していくのだろうと思っていた。

 だからまさかこの歳で、「しょせんアニメは内容で評価されないのか」という悲哀を味わされるとは思わなかった。しかも初代『ガンダム』に対して、しかも相手は安彦良和という顔ぶれである。

 初代『ガンダム』には、「こどものおやつ」をつくれ、といわれて、出てきたものが、こどもから大学生くらいまで楽しめる「なんか変な料理」になっていた、というミラクルがあった。
 しかし『オリジン』は、最初から最後まで「ガンダムファンのおやつ」だった。あらかじめ存在しているファンに向けて、あらかじめ期待されているものを与えただけの話である。

 しかしこの企画、商業主義のむちゃぶりと戦う、という非富野ガンダムでもおそらく展開されていた葛藤がない可能性があり、いよいよガンダム的なものが失伝(笑)されていく時期なのかもしれない。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (12)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (2)
Ζ (4)
F91 (9)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。