ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダムΖΖ』について

 俺にとり『機動戦士ガンダムΖΖ』は、なにかこう、救われたような気持ちになった作品である。

 秋元康作詞のOPソングがまずいい。主題を歌うテーマソングではなく、世界観を歌う歌謡曲になっているところがいい。その世界観が魅力的だった。それだけで作品になっていた。

 アニメじゃない♪と歌いながら、しょせんアニメでしょ、という本編の開き直ったような明るい作風が好きだった。

 しょせんアニメでしょ、という開き直りは、『戦闘メカザブングル』にもあったメタ視線であり、メタ視線という点ではロボットアニメを批評的にズラした『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』にも通底した姿勢といえる。
 『ΖΖ』がズラしたのは「ロボットアニメ」ではなく「ガンダム」なわけで、一部で反発があったことも想像できるが、かならずしもガンダムファンというわけではない俺には、逆にスカッとした。「なーにがガンダムよ」という作品の“気分”がよかった。

 シリアスな作品のあとはコミカルな作品、という富野の当時のリズムもあっただろうし、俺のみるところでは「前に出る出ない」を繰り返すリズムもあったようで、今作はコミカルでかつ遠藤明範をはじめとする若いスタッフたちが「前に出た」作品であったと思っている。(終盤になるにつれ次第に富野色が色濃くなるのだが)
 前作『機動戦士Ζガンダム』が富野の野心的な企画と若いスタッフたちとの間に齟齬を生んでいたのとは逆に、今作は若いスタッフたちの方に軸足をおいた拙いながらもすっきり観やすい作品になっていたところも好感がもてた。

 歴戦の古強者ヤザンがオンボロ・ロボに乗り、素人主人公が先鋭ロボに乗って、なんとか戦える、という構図は「スケールダウン問題」に対するひとつの回答のように思えて感心した。
 ジュドーとヤザン、不良少年と大人の本物のワルとの緊張感も印象に残った。前作との雰囲気の違いを気にしなければ、『ΖΖ』は序盤から楽しめる。
 
 主人公ジュドー・アーシタは「わけあって不良やってるいい奴」である。そこが俺の琴線に触れた。アムロは私室をもち自分専用のメカ(ハロ)をもっていた。当時の日本の風景のなかではブルジョアである。アムロはそういう意味で俺にとり見上げるような社会階層のぼんぼんでそこにはある種の憧れがあった。あっさりいえば俺の友達にはいないタイプであった。
 ジュドーは違う。わけありで仲間とともにちょっとしたワルをして稼いでいる下町の不良少年である。憧れというより感情移入の対象であった。下町は俺の出身階層である。アムロやカミーユといったぼんぼんには見上げるような憧れがあったが、ジュドーとは同じ視線で友達になれそうな気がした。俺にとり今作が特別な理由のひとつだ。

 わけありというのは妹の学費を稼ぐためというものなのだが、かれが「保護者」であるという点も見逃せないだろう。状況に巻き込まれた「被害者」としての主人公の脆弱さよりも状況のなかに目的をもって突き進んでいく精強さが印象に残る。
 セイラから、ハマーンから、「保護者」としての責務から逃げてしまったシャアとは違うところで、だからこそあのラストにつながっていくのだろう。

 今作は前作よりスケールダウンしている。前作のグリプス戦役で疲弊しきっていて練度の低い若者たちの“戦争ごっこ”のていをなしている。
 そのなかでジュドーの仲間である素人のビーチャが艦長代理をやりモンドが百式に乗りエルがガンダムMk-IIに乗るという展開になる。しょせんアニメでしょ、という気安さがあって好きなノリだった。

 プルといういかにも「アニメ」「アニメ」したヒロインが登場し人気を博すのだが、彼女の無邪気さが作品に華を添えるとともに、ジュドーをめぐるリィナとの確執などは、少し生々しく、このあたりの感触はじゅうぶんに見応えがあった。
 プルの日常での微笑ましい場面と、戦場での過酷な場面は、いま観ても色褪せることはないだろう。

 キャラ・スーンという敵役の女性が登場するのだが、アーガマの捕虜になってなぜか洗濯当番をやらされて不平不満をこぼす場面が可笑しかった。そういうコメディチックな登場人物が次第にシフトしていくリアリティレベルのなかで戦死するのは悲しかった。俺には彼女の戦死は余計に思えた。(遠藤小説版では死なない)

 補給ドック艦ラビアンローズの艦長代理エマリーがブライトに気があるらしく、かれが動揺する展開も楽しかった。
 そういう楽しさを次第に色濃くなっていく富野色が台無しにするのが、もったいないといえばもったいなかった。

 もったいないというのは、サラサ・ムーン、ラサラ・ムーンという双子の美少女が登場するなど、のちの90年代アニメを先取りしたような「アニメ」「アニメ」した楽しさが横溢した作品だったからである。90年代を「アカホリの時代」と書いたことがあるが、スタッフの世代的にも、それを先取りしていたといえるだろう。ビジネスとして成立させる環境としては早すぎた作品といえる。
 前半のノリでじゅうぶん成立した楽しい作品なのだ。

 とはいえプルの悲劇など、後半の富野色がなければ整合性がとれなかったことも事実ではある。
 しょせんアニメでしょ、というノリの、「なーにがガンダムよ」という“気分”に徹してくれた作風の方がラディカルで興味深かったのだが、こればかりは仕方なかったのだろう。
 ガンダムの重力に引っ張られてズラしきれなかった未練もあるし、後半のしっかりガンダムしている展開を楽しがっている自分もいる。複雑だ。

 唐突に挿入され少々不自然なのだが、回復したカミーユがファと戯れる場面があり、それがなにより嬉しかった。これが富野のお土産だとした未練もたちきれる。
 カミーユの回復が、今作の陽性がもたらした前作の陰鬱からの解放だとしたら、今作における前半と後半のネジレも許せるというものだ。

 少なくとも俺にとっても『ΖΖ』は『Ζ』のトラウマからの解放であり、救いになった作品でもあった。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。