ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について 富野の恩返し?

 [3925]『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、雑論かつ総論
 [3929]頑張り過ぎの富野由悠季

 を読ませていただきました。

 『逆襲のシャア』とは何か、という点で新しい視点をいただきました。ありがとうございます。
 大塩さんのBlogにコメントさせていただいたものと多少重複しますが、こちらにも書かせてもらいます。

 『逆襲のシャア』は、はじめからガンダムファン、アニメファンのための映画だった、という解釈は俺には手厳しいものに感じました。仮にそうだとしたらマニア市場向けのOVAと変わらないと俺は思うんですよね。映画の皮をかぶったOVAだった可能性がある、という俺の解釈が仮に正しいとしたら、富野ファンとしてはさすがに悲しいものがありますね。(OVAが劣っているという意味ではないです)
 新キャラを多数登場させ一本の映画として成立させる努力の痕跡があるだけに、それに「失敗」しているのが『逆襲のシャア』だったのかもしれない、というのが俺なりの理解です。

 大衆に支持されるのが「芸能」で、一部の篤志家に支持されるのが「芸術」である、という遠藤ミチロウと吉本隆明の対談の文脈でいえば、一般大衆ではなくガンダムファン、アニメファンに支持されることを目的にした『逆襲のシャア』は「芸術作品」だったという解釈になり、(俺の)OVA説より愛が感じられるので、(大塩さんの)芸術説をとりたいですね(笑)。いささかくすぐったいですが(笑)。

 クェスやハサウェイは当時の富野の若者論だった、という解釈も「なるほど……」という感じでした。俺の解釈ではクェスやハサウェイに「当時の若者」が描出されているとしたらそれは実に富野作品らしいなと思えるからです。富野は時代時代に独特の目線で若者たちを描出してきましたから。ただ俺の場合『Ζ』『ΖΖ』に魅力的なヒーロー・ヒロインを見出していただけに、クェスやハサウェイにそれを期待しすぎたところがありました。尺の問題か、コンセプトの問題かはわかりませんが、かれら「困った若者たち」がヒーロー・ヒロインに成長する物語がなかったがゆえに俺には難解な作品になっているのでしょう。
 「クエスのように人生の最後の五秒だけ自立しても遅いんです」という発言があったとしたら、俺のクェス理解にひとつのヒントが加わったことになります。

 「人類は地球のノミだ」というのが(当時の)富野由悠季の認識と考えられる、というのは俺の解釈と違うところです。アムロもブライトも富野だったと思うんですよね。ラディカリズムに対する共感と警戒心の葛藤というのは富野らしい気がします。ただ『逆襲のシャア』に関しては、いかにせんアムロとブライトにはパトスが足りてないんですね。だから俺なんかもシャアの独壇場にみえてしまったきらいはあります。

 大塩さんの記事を読んで痛感したのは、『逆襲のシャア』の情報が俺には決定的に欠けている、ということです。俺はたしか『装甲騎兵ボトムズ』を最後にアニメを卒業してしまったのですね。ですから当時のアニメ雑誌に載っていた富野発言というのは知らないのです。
 「ロボットアニメを離れて考えてくれたらとても嬉しいことだと思います」という発言があったとしたら、俺にとっては皮肉なことになってしまっているのが面白かったです。『逆襲のシャア』のためだけに久々にロボットアニメに“帰ってきた”俺はどうなるんだと(笑)。

 『逆襲のシャア』で富野が目指したもののひとつが、アニメ業界、アニメファンへの恩返しだった、という解釈は新鮮でした。映画志向の富野はアニメ界に外様意識をもっていて、なおかつそこで食わせもらっている恩義を感じたがゆえのものだった、という大塩さんのストーリーはとても魅力的です。
 恩返しというのは『逆襲のシャア』の成功によって“文化人”ポジションにつき、アニメ界隈の地位向上を狙うというストーリーで、もしもそうであったなら、もう一度「アニメという看板」を背負おうとする覚悟があったのかもしれませんね。

*1/20 修正しました。大塩さんのご意見を誤解する部分があり、大塩さんの正確なご意見はリンク先を辿ってください。コメント欄を参照してくださるとありがたいです。
*1/21 修正しました。「ガンダムファン」→「ガンダムファン、アニメファン」

続きを読む »

スポンサーサイト

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について 「自分の枷」から解き放たれることはあるのだろうか。

 世代などで縛られる「自分の枷」を取っ払うのは困難だ。
 今回、『逆襲のシャア』について書いていてつくづく思った。

 初代世代の“俺”にとって「ガンダムの続編」は許せない、というのがそもそも「枷」だ。しかもその「ガンダムの続編」というのが疲弊期の富野らしくカタルシスのない戦闘と陳腐な悲劇を描くものだったのだからなおさらである。『ΖΖ』の“新風”がどれだけ新鮮に映ったかということでもある。

 だから『Ζガンダム』は複雑な思いをもった作品である。『Ζ』を中和したとでもいうべき『ΖΖ』の方がよっぽど好感がもてる。

 シャアが生き延びている、というのが初代世代の俺にとっては、失望を感じさせるものだった。
 初代ラストでせっかく格好良くキメたのに「それはないよ」と思った。親友を謀殺した卑劣漢の最期の言葉がその親友への手向けだというのがカッコよかったのだ。それがのうのうと生きているのだからガッカリだ。これも初代世代である「俺の枷」なのだろう。

 『ΖΖ』を気に入っているひとつは、この作品では比較的「俺の枷」に縛られないで済む、ということもあげられるかもしれない。「なーにがガンダムよ」という気分が「ガンダムはシリアスでなければならない」という呪縛を解き放っていた。初代は子供番組だったのだ。ガンダムはもっと気軽なエンタメであっていいはずなのである。
 若いスタッフに任せたところがあったせいか、疲弊期の富野作品では珍しく、繰り返される陳腐な悲劇を描かなかったのが気に入っている。(終盤富野色が濃くなって台無しになるわけだが)

 『逆襲のシャア』に『Ζガンダム』の要素(地球連邦政府への絶望、忌まわしい記憶をもったアクシズ)を入れたのは、失敗だったと思う。たださえ続編映画であるがゆえに不分明な作品である。初代の要素ばかりか『Ζ』まで入れては観客は置いてけぼりだ。
 このあたりに苛つくのも「俺の枷」だろう。

 『逆襲のシャア』を制作するのであれば、『Ζ』『ΖΖ』という作品はいらなかったのではないか、という思いがある。
 アムロとシャアの因縁をもっとララァに集約させ、ふたりの男の確執をもっと前面に出した方が、続編映画の要素を軽減できたような気がする。
 これも初代世代の「俺の枷」なのかもしれない。

 俺は「自分の枷」からどう抜け出していいのかわからない。
 いや評論家ではないのだし、求道者のごとき本格アニメファンではないので、それはそれでいいのかもしれない。
 当Blogは、こんなバカなやつもいましたよ、という証言のひとつであるからだ。

 しかし俺は悔しい。尊敬する諸先輩方やアニメファンたちが、『逆襲のシャア』を絶賛しているのに、俺にはさっぱりわからないからだ。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (9)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん