ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『Gの閃光』について

 『Gの閃光』については以前にもいろいろ書いた。

 ・俺とはちょうど交錯しない距離にある。
 ・『Gのレコンギスタ』のラストにピンとこないので微妙な曲に感じる。
 ・老人の諦観と、孫をもつ爺やとしてのあがきもある。
 などだ。
 基本的には俺にはその素晴らしさがわからない曲だった。
 しかし『G-レコ』という作品にとっては、とても重要な曲である、ということが俺なりに理解できるようになった。

 ひとつはkaito2198さんの『Gの閃光』論だ。
 「「コスモスに君と」や「月の繭」に比肩するものだ」という指摘にびっくりし、

 そんな中、作品のテーマを固定して、最初から最後まで持たせたのは、実質的に「Gの閃光」というエンディング曲といっても過言ではないだろう。富野がこの曲を「真のテーマソング」と呼んでいるのも、きっとこれのためだろう。



 という指摘に教えられることがあった。「な、なんじゃとてー!!」という感じだ。

 もうひとつは富野のアニメツーリズムについてのインタビューだ。

 

なので、100人中99人はただ単純に「あー、聖地楽しかった」だけでも全然構わないけど、残りのひとりかふたりが外の世界の刺激を受けてなんらかの才能を開花させてくれたら嬉しいのです。そういう子らが次代の日本を引っ張るような存在になってくれるはずだから。



 という思いを語っている。
 これは『G-レコ』のラストにおけるベルリを彷彿とさせる。なぜいまさらバックパッカーというモラトリアムに退行するのか、謎だったのだが、「外の世界」という言葉で納得できるようになった。

 『G-レコ』のエンディングは敵味方関係なく皆でラインダンスを踊るというものだ。これを俺は「なんとなく」観ていた。『OVERMANキングゲイナー』のモンキーダンスと似たようなものだろうと。諸事情あってエンディングに回された真のオープニング曲だと「なんとなく」思いこんでいた。
 しかし違うのではないか、というのが今回俺が得られた感触だ。

 『Gの閃光』はエンディング曲でならなければならなかったし、『G-レコ』のラストにもその映像とともに流される曲でならなければならなかった。
 「外の世界」というのがキーワードなのだと思う。

 俺の理解するところでは、映画には演劇の尻尾がついていて、富野作品もまた正統派の映画として演劇的要素がふくまれている。
 『G-レコ』は「世界周遊記」だ。世界を見て回るお話である。しかしその世界は富野がつくった演劇の舞台でもあるのだ。

 その舞台から舞台の「外の世界」(この場合リアル)に帰すのが毎回カーテンコールじみた映像に流される『Gの閃光』だった。だからこそエンディング曲でならなければならなかったのではないだろうか。

 それは『G-レコ』全体のラストにも言える。
 『Gの閃光』が流されなければならなかったのは、舞台の主役ベルリを舞台の「外の世界」(この場合アンノウン)に送り出すために必要だったのではないだろうか。
 だとすればバックパッカーのラストも納得できる部分がある。ベルリは富野のつくった作品世界、舞台からただ退場するのではなく、「外の世界」へ旅立たなければならなかったからだ。

 『Gの閃光』とは「外の世界」を見つけて欲しい、そこから何かを学んでほしい、という富野の願いがこめられている曲なのかもしれない。
 根源的な文明批評の果てに見出された諦観を越えるためには、富野自身が知らない「外の世界」が必要とされたはずだからである。


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん