ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

劇場版ファーストガンダムだって「新訳」だった

 イセリナの泣き声が色っぽい、ということも、今回“いまさら”気づいたことのひとつだ。
 大人の女の色香のようなものは、マチルダにもハモンにも感じてはいたが、イセリナの泣き声の色っぽさはそれとは違って、かなり生々しいものを感じた。子供だったころには感じなかったことだ。そうか、こんなに色っぽかったのか。

 イセリナの声優をチェックしたら、のちにララァにも採用される潘恵子。「なるほど、そういうことか」と、かなりわかってきた。ララァにはイセリナの色っぽさを期待されたのだろう。生々しい性的な何かを。

 TV版から劇場版になるうえで、カットされたものが多数ある。
 そのなかで、アムロがイセリナに「ガルマ様の仇」といって銃を向けられる場面がある。
 アムロが戦争とは人を殺し人生を破壊する行為でもあると自覚することになる大事な場面ではなくって?的な感じで、セイラ役の井上瑶が座談会で富野監督に疑問を呈したこともある。俺もそれはそうだよな、と当時は思ったものだ。「アムロの物語」にとって欠けてはいけないピースではないのか。

 しかし、いまは、なぜカットしなければならなかったのか、俺なりに理解できるようになった。

 TV版はエピソードごとに完結していく連作形式であり大河ストーリーではなかったからだ。
 TV版には「アムロの物語」というものは、ちゃんとしたかたちでは存在していない。内的連続性がない。井上瑶が指摘したような「重い出来事」を受け止めて「変化する」という内面的変化は、TV版のどこを探しても存在しない。劇場版において「アムロの物語」を捏造しなければならなかった富野監督にとっては、そのような「重い十字架」はアムロに背負わすわけにはいかなかったのだろう。

 同じことは、ララァを失った直後のアムロにもいえる。TV版のアムロはセイラたちに心配されるが、わりと平気にしているのである。ここにも内的変化を引き起こさないTV版のフラットキャラクターのアムロがいる。劇場版では、このケロっとしているアムロの場面がまるまる削除されていた。落ち込んでいる描写はTV版にないわけだが、劇場版では描かないことによってそれを暗示させている。

 劇場版はファーストガンダムの頃から「新訳」以外のなにものでもなかったのだろう。




 最初、劇場版でイセリナとアムロが対面しなかったのは、潘恵子の声をしたララァとの出会いのインパクトを薄めないためでもある、と書いていた。
 ブログにアップしようと事実関係を調べたら、劇場版はイセリナの声優が交代していることを知る。ダメじゃんか。
 俺のなかで『ガンダム』のイメージがいかに劇場版になっちまってるか、だよなー。
 そのぶん今回のTV版の再体験はほんとうに新鮮だったわけだ。ただで観せてくれてありがとうという感謝の気持ちもあって当blogをはじめた。

 (初代)ガンダム話は、だいたいこれで終了。あとはその後の富野作品に軽く触れていく。見直したわけではないのでいまよりももっとテキトーになる。
 予告コピー「ガンダムなんかイデオンを観るための前戯ですよ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/19-b36dc4a5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん