ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポニョをみた

 『崖の上のポニュ』を観たのだが、前知識が中途半端にあったせいか、肩透かしをくらった。
 なんか、ほんとに他愛もない可愛い話で、難解とかアバンギャルドとか神話性とか、俺は感じなかったなー。でも楽しかった。

 前評判からすると、宮崎版『ブレンパワード』だと予感していたんだけど、実際は宮崎版『涼宮ハルヒの憂鬱』のように感じた。ラブコメマンガだった。
 面倒見のいいキョンが面倒くさい女ハルヒの面倒をこれかもみるわしょうがねーなーというのが『ハルヒの憂鬱』なら、フォローの達人ソースケが暴走女ポニュのフォローをこれかもするよという話として受け取めた。

 ソースケの母親のリサがこう、いい感じだった。小娘ががんばって母親やってます、という感じで。可愛かったね。そのいたらない若い母親を健気にフォローするソースケがいい子すぎて微笑ましかった。
 で、フォローの男ソースケの資質を嗅ぎ当てて、リサと同じタイプの我の強いオンナがわらわら集まってきているのも笑った。まー宮崎作品はサビ抜きなんで、批評的な意図はないんだろうけど。
 宮崎アニメの見やすさのひとつは、女性登場人物がぜんいん同じというところかな。山犬に育てれたナウシカがサンだし、山賊の女房をやらされたり苦労したナウシカがエボシだし、牛飼のダメ男と結婚したナウシカがタタラ場の島本須美声の女だろうし。だから作中人物の内面を洞察する必要もない。みたまんまだもの。

 ただ『ポニュ』がわかりづらいとしたら、冒頭から魔術師が画面に写って魔術を使ってしまっているので、ぜんぺんこれ魔術的不思議現象のオンパレードになっているんだなー。これは宮崎らしくない、というか、「高畑兄貴の目線」って、いまはもう気にしてないのかねー。「高畑勲」という枷を外したのは『未来少年コナン』以来だよねー。今回『コナン』以上にやりたい放題だけどな。これも興味深かったなー。

 敵対的存在である魔術師の声優が所ジョージというキャスティングは、やはり作品の締りのなさにつながっている気がする。
 あの魔術師は「ハウル」だよね。「ハウルの可能性のひとつ」というか。もう一回キムタクを連れてこれないなら、イケメン声の声優を使ってほしかったよなー。グランマーレの愛人なんだし、ポニュのオヤジさんなんだし、いい男じゃなきゃダメだと思うんだけどな。

 初稿というか準備稿というか、推敲なしでそのままフィルムにしてしまったかのような「本」の弱さがあって、その弱さは声優の芝居である程度糊塗できたはずなんだけどね。今作だけはちゃんとした声優使わないと。

 あと、「正体は魚ですがいいですか」とか「人面魚だけど」というのは、デメリットになってないのも困るよね。むしろフォローの男ソースケの懐にとびこむためにはアドバンテージになっちゃってる。これも笑った。ソースケ狙いの幼なじみの女の子がその場にいればね、「ポニュ、ずるい」って言ったはずだよな。金魚として入り込むとはなんたる女。
 むしろポニョは性格が問題だよね。グランマーレもそちらを気にして欲しかったよな。「暴走バカ女だけどいいですか」「自分、お袋で慣れているんで、大丈夫っす」みたいな。暴走女フォロー検定一級余裕でしたみたいな。

 俺は楽しめたし、可愛らしい作品だと思うけど、やっぱり長さが足りないなとは感じたな。もういっそのこと絵本作家とかに転向してくれないかしらw。映画の尺じゃ足りてないよ。『もののけ姫』しかり。
 『もののけ姫』はアニメ版『ナウシカ』のリベンジかつマンガ版『ナウシカ』のテーマ的進化版だったというのが俺の考え。
 『千と千尋の神隠し』は『となりのトトロ』のヤングアダルト版って感じ。
 『ポニュ』はなんというのか、『コナン』の宮崎が帰ってきた、という感じがする。『コナン』の場合は、高畑、大塚的リアリズムに対するアンチだったんだけど、『ポニュ』はもう宮崎の魔術的イマジネーションがただ漏れだったね。あとロリ。ロリ全開。ロリただ漏れ。ミヤザキエフ・ムッツリーニ・ロリスキーどころじゃない。ミヤザキエフ・あ、ただ漏れしてますよ?・ロリスキーだった。もうね、やりたい放題だな、お爺ちゃん。どんどんやっちゃってください。

 しっかし宮崎ピャヤオーはズリーよなー。好き勝手に妄想垂れ流したら、こんな可愛らしい話になっちゃうんだもん。そりゃね、大衆に愛されるわけだよ。どんだけ可愛い妄想なの。お爺ちゃんなんだよ?




 アニメ様365日 小黒祐一郎 第301回 『プロジェクトA子』が面白い。
 アニメ様すら「自分はコアじゃなかったのか」と疎外感を感じたこともある、というエピソードは思わずクスリとしてしまった。この世代でこういうことを告白できる人は意外に少ない(自身の「立ち位置の相対性」を認められない人が多い印象)ので、好感がもてた。新エヴァがどれほどヌルくなっていようが、俺が庵野秀明を「信じられる」のは、自身の世代がもっている偏向性に自覚があり(大変なことだ、誰だって自身の世代がもっている偏向性など掘り下げようとは思わない)、かつそれをなんとかしようとする(これはもっと大変なことだ)姿勢を感じるからだ。
 『プロジェクトA子』は未見なんだが、「趣味だけでつくってはダメ」という宮崎駿にとって、イマジネーションの奔流だけで紡いだ『ポニョ』はどういう位置づけなのか、というのも面白い。宮崎自身には「やっちまった」感はあるのかないのか、興味深いんだけどなー。「やっちまった」感漂う『紅の豚』の後に『もののけ姫』がつくられたように、『ポニョ』の次はもう一度本気の宮崎が拝めるかもしれないからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/20-67760f58

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。