ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムのブレイク、あるいは富野と大衆との窓口

[∀][ガンダム]なぜガンダムは売れ、∀ガンダムは売れなかったか?
http://d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20100130/1264822398

 うん、グダさんのご指摘のとおりだと思うな。富野は「芝居」をね、なによりも優先する人なんじゃないかな。それが長所でもあり、短所になることもある。
 歌舞伎的に見得を切るだけの芝居があってもいいよねー。芝居だけ「近代」なんだよね。長浜忠夫の引出が何のためにあるのかと思うよね。そのためじゃないか。
 初代ガンダム一話があれだけコンパクトにまとまったのは、富野演出が、高畑系と長浜系(と出崎系)のハイブリットだからじゃんねー、とか思います。
 物語作家としてはわりと平気で前近代なのに、芝居は近代でいこうとするんだよねー。とはいえ、ターンエーはそのあたりはかなり抑制している気もするけどね。

 ターンエーはさ、尊敬する富野語りの諸先輩方々もご指摘しているとおり、ガンダムじゃなくて、イデオンの文脈でとらえた方がいいんだろうね。
 ターンエーは、イデオンの裏、というか、対になる作品ってことじゃないかなー。
 富野の世間レベルの代表作はガンダムになるのだろうけど、作家論レベルでいえば、イデオンとターンエーの対が代表作なんだろうなー、と『F91』派の俺でも思いますわ。

 ターンエーという参照項のおかげで、イデオンのラストの解釈にも、いくつか筋道がついた気がしますね。
 富野ワールドの全裸幽霊は、あれは死の称賛じゃなくて、生命の本質の可視化なんだな、とかね、ターンエーのおかげで「わかる」部分もあるから。

 そうそう、初代ガンダムのブレイクは「再放送」という形態の功績が大きかったかな、ということかと思われます。

 初代ガンダムは富野アニメのなかでは抜群にカタルシス多めの作品だけど、それでも、毎回毎回スカッとするようなつくりの作品ではない。いまいちスカッとしないアニメを週イチで観せられても、ついてきてくれるお客は限られている。
 これが毎日観られる、となると、一話一話のカタルシスが少な目でも、あるいは少な目だからこそテンションが持続して、ついつい追って観ることになる。

 テレビでの再放送だから、観るともなしに観る、学校で話題にしやすい、人にすすめやすい、なども利点がある。
 富野が目指す普遍性ということでいえば、観るともなしに観る、というかたちで、衆目に触れる機会があるのは、非常に重要ではないかなー。

 富野の作家的資質は、じつは大衆的ではないのだけど、普遍を目指す姿勢のなかで制作された作品は、あきらかに大衆の方を向いている。
 しかし、その大衆との接点は、驚くほど小さかった。

 テレビでの再放送という「窓口」は、富野アニメのなかではファーストガンダムだけがえられた僥倖だったのかもしれない。
 ターンエーも、再放送を夕方とかにしてくれれば、アニメファンならぬ大衆が、観るともなしに観る、というかたちで触れてくれたかもしれない。そうすれば、いまよりはもっと人気が出たかもしれないなーと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/23-1885d820

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。