ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりのシャア

 ハルヒの憂鬱には二種類の版が存在している。憂鬱で完結したメタライトノベル版と、シリーズ第一作のラブコメSF版だ。
 同じことはガンダムにもいえる。初代で完結した版とシリーズ第一作版である。

 初代で完結した版において、シャアはガルマとセットのキャラクターであった。
 原作者富野による小説版ではシャアはガルマの謀殺をしない。それどころか青雲の志をもつ理想家の若者として描かれているのだ。Ζ以後のシャアはこちらの富野シャアである。
 しかし富野シャアであれば、あれほどの人気をえるキャラクターになったかどうか。シャアとガルマはどこか同性愛を匂わせる描写があり、かつガルマが大恋愛のすえ結婚しようかというその寸前の謀殺である。ザビ家への復讐というが、ガルマの謀殺以後、そのような態度は微塵もない。
 親友の謀殺という点で、初代で完結した版のシャアは、あきらかに悪人であり、その悪人がどう滅びるのかが、物語の焦点のひとつになっている。
 そのシャアが、最期の言葉はガルマへの語りかけであった、という点が初代で完結した版の素晴らしいところである。これでむざむざ生き残っていてはすべてが台無しなわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/30-2ae87205

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。