ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『伝説巨神イデオン』について 1/3 遅れてきた男

 富野由悠季の代表作を一作だけあげろ、といわれたら、世間的にはもちろん『機動戦士ガンダム』なんだろうが、俺の感じるところでは、作家論的には『伝説巨神イデオン』、作品論的には『ターンエー』あたりになるような気がする。
 『イデオン』はそれほど富野の作家性が色濃い作品である。富野の限界、欠点がそれだけわかりやすく表出もされてもいる。そういう点でも富野語りに欠かせない作品だろう。

 富野由悠季は本来「遅れてきた男」だ。
 『アトム』からキャリアを積んでいる男だが、新しい何かをはじめたということはなかった。ロボットアニメでいえば、タツノコがフォーマットを準備し、永井豪がヒーローロボットをぶちこみ、長浜忠夫が完成させた。
 そこに現れたのが富野由悠季である。彼は何をしたのか。フォーマットの拡張か、バージョンアップか。いやそうした“伝統”に貢献することはしなかった。
 富野がしたのは、フォーマットの自己批評である。

 日本におけるニューウェーブSFの紹介者・伊藤典夫が、作品の名前こそあげないものの、『無敵超人ザンボット3』に言及したことがある。
 ニューウェーブ運動とは歴史の必然か否か、という話題のときに、ひとつのジャンルが成熟するとジャンルのお約束を自己批評して乗り越えようとする作品が出てくる、最近何気なくみたTVのロボットものでも(ニューウェーブと)似たようなことやっていて驚いた、といった内容の発言だった。
 発言の内容から、伊藤典夫が、『ザンボット』に「ロボットアニメのニューウェーブ運動(と相似形の何か)」を感じていたことは間違いないだろう。
 
 富野由悠季が「遅れたきた男」というのは、そういうことだ。パーティに現れたとき、すでに料理はさめていた。美女たちはすでに男たちの腕のなかだった。
 そうした人間に残されていたのが、ジャンルのお約束を意識してズラしていく、という手法だ。シリアスにズラせば『サンボット』になり、軽妙洒脱にズラせば『ダイターン』になる。
 そういう意味では、『無敵超人ザンボット3』と『無敵鋼人ダイターン3』は、一対の作品といえるかもしれない。

 『ザンボット』『ダイターン』でフォーマットへの自己批評をすました後、本来なら、『機動戦士ガンダム』でフォーマットからの完全離脱をする意図があったと思われる。
 しかしそれには失敗した。ガンダムの前にガンダム的なものはなく、スタッフに理解されなかったこともあっただろう。
 そういうわけで、あくまでも富野文脈でいえば、『ガンダム』は失敗したが、今度こそ、という意図ではじめたのが、おそらく『伝説巨神イデオン』であった。
 富野はガンダムの次作『イデオン』で、早くもガンダムのリベンジをやっているわけだ。早すぎるw。

 早すぎたことは、その後の富野の運命を変えたといってもいいかもしれない。
 今度こそ「ちゃんとしたガンダム」をつくるという意気込みの『イデオン』を製作中に、「挫折したガンダム」である前作の人気がブレイクするからであるw。
 富野は『ガンダム』の“成功”を自己理解しないまま、『イデオン』に臨み、その後もそのまま疾走しつづけることになる。身過ぎ世過ぎのレベルでいえば、『ガンダム』の“成功”を利用して成り上がるチャンスを、疾走のなかで取りこぼした、ともいえる。
 『イデオン』はそうした意味でも富野ワールドの真髄だ。フォーマットを意識せず、ガンダムの成功も意識せず、ただ純粋に富野ドラマが語られることになったのだから。


 (スーパー)ロボットアニメの“伝統”ということでいえば、じつは富野は重大な寄与をしているかもしれない。
 調べきれてないので俺の勘違いの可能性もあるが、『ザンボット』は「子供」、『ダイターン』は「大人」と、それぞれロボットアニメの主人公の年齢のパターンを拡張したようなのだ。それまで多くは主人公の年齢は「少年~青年」だった。

 また『イデオン』と同時期に星山博之をシリーズ構成にすえ制作された『無敵ロボトライダーG7』(佐々木勝利監督)は、“サビぬき『ザンボット』”とでも呼ぶべき作品であり、小学生を主人公にした明朗快活系スーパーロボットアニメとしての元祖になったのではないかと思われる。
 長浜忠夫をズラしたのが富野なら、富野をズラしたのが星山博之だった、ということなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

キッズステーションで

放送が始まりましたね。

自分として「第一次富野四部作」の最終作という位置付けですが、改めて見て『トリトン』も含めて、それまでの集大成という感じですね。

キーワードは、やはり「スペース・ランナウェイ」と。

Re: キッズステーションで

 コメント、ありがとうございます。

 「第一次富野四部作」というのは新鮮なみかただと思いました。
 『海のトリトン』をふくめるとなると、残りの二作は何になるのでしょうか。

 また第二次や第三次というのもあるのでしょうか。

 「スペース・ランナウェイ」をキーワードとみるのも面白いですね。

 ロード・ムービーとグランドホテル方式の融合という氷川竜介さんの優れた指摘を思い出しました。

第一次四部作

自分的な解釈としては『ザンボット』『ダイターン』『ガンダム』『イデオン』の一連ですね。

そこにトリトン役の塩屋さんを主役に据える事で、そちらまでも含めたスケールを作ったと言う感じ。

現在の放送を見ていると、とにかくカーシャを演じた白石さんの存在が大きいという感じですが。


そして「第二次四部作」が『ザブングル』『ダンバイン』『エルガイム』『Zガンダム』といったところでしょうか。

(『ZZ』と『逆襲』は、広義的には「Zグループ」に含まれる感じで。)


あと富野作品の印象としては、最終回のラストに「太陽」を多用する点でしょうか。

Re: 第一次四部作

 コメント、ありがとうございます。

 なるほどなるほど。そういうみかたもありえますね。
 そうなると、やはり第一次四部作のなかで、『ガンダム』は浮いている感じですね。富野流の凄惨さが薄い感じがします。

 第ニ次四部作のラインナップも面白いですね。『ザブングル』が画期になったというのは新鮮です。
 ただ共通点がよくわかりません。「模索期」とか、そういうニュアンスでいいんでしょうか。

 ラストに「太陽」が多用されるというのはまったく気づきませんでした。どの作品群を指していっているのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/32-7fa11a83

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (9)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん