ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『伝説巨神イデオン』について 3/3 ガンダムのビョーキとコロニーの空

 ロボットアニメとしての『イデオン』は正しくスーパーロボット系列の作品だ。兵器ではなく遺跡だ。見立てとしては「戦艦」である。
 なかに何人もの人間が乗り込んでいるという設定が素晴らしかった。小説では書かれた「部下をもったアムロ」を『ガンダム』では描けなかったのだが、『イデオン』では主人公は戦闘部隊の隊長だ。

 ガンダムが嫌いだという人はたくさんいる。戦争をエンタメとして扱っているのだから嫌う人が大勢いるのが正常だろう。
 しかしもうひとつある。ガンダムのフォーマットだ。ロボに独りで乗り込んで戦う。たまに敵と議論してもさ。もうね、この絵面がさ、ビョーキなんだよね。ビョーキを誘う。だからニュータイプが対としてあるんだろうけど。
 「ガンダムのビョーキ」を正しく継承しているのが『エヴァ』だね。ATフィールド。凄いよなー、このアイディア。まさにそこに「ガンダムのビョーキ」がある。

 スペースコロニーに「空」を描いちゃうのが富野なんだ。富野がSFの人ではないという証でもあるし、「ガンダムのビョーキ」に付き合う男でもない、ということがわかる。
 『マクロス』は、人型に変形する戦艦と人型に変形する戦闘機を発明して、メカ的にはガンダムとイデオンを一気に過去のものにしてしまったけど、「空」の方を継承しているんだよね。だから富野的には『マクロス』は若さゆえの稚拙さがあっても許せるし愛せるが『エヴァ』はねーだろという心境なんだろうw。キモチはわかるが、俺的には『エヴァ』も大事な作品だ。

 『イデオン』や『ザブングル』は、「ガンダムのビョーキ」から自由だ。それだけでも俺は観ていて安心する。楽しいなと思う。
 だから『ダンバイン』のチャム・ファウって、富野の“悲鳴”のようにみえるんだな。
スポンサーサイト

コメント

これは

「ロボット」でなく「遺跡」だと喝破したところから物語を紡ぎ出したというのが、まさに「天才富野」の真骨頂という感じですね。

良くも悪くも中心は、やはり「イデオン」の存在その物なのだと。

Re: これは

 コメント、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。
 あのおもちゃおもちゃしたイデオンのデザインから「遺跡」という発想になるのは天才の面目躍如ですね。

 ただ逆の、「異星人の遺跡」らしい人型巨大建造物というデザインもみてみたかったです。
 たしかスニーカー文庫のイラストががんばっていたように記憶しています。

もう昨日ですが

再放送がちょうど「燃える亜空間」でしたね。

パワーの出ないイデオンの中をコスモが走り回って大人も含めて指示や文句を飛ばして回るところがまさに「戦闘隊長」でしたよね。

それにしても今回を見て思ったのは、とにかくこの作品というのは「どう上手くやる」のではなく「どこまで揉めさせる事が出来る」のを狙ってやってた感じですね。

とにかく前はミライやセイラの声だったのが、こちらではむしろ対立を煽る役になってるのもポイントで。

Re: もう昨日ですが

 コメント、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。

 本来、機械仕掛けの神は「コスモスの回復」のために使われるのですが、『イデオン』では「イデ」が「カオスの深化」に使われるのが異様なんですね。
 (神の救いのない)「悲劇」なら「悲劇」で、「悲劇」の定型としての、ご都合主義的な「調和」があるものですが、そうした類でもない。

 芝居を優先したのではないか、というのが俺のみかたなんですが、それだけではちょっと説明がつきませんよね。

 ご指摘のように、ミライの役者とセイラの役者が、直前作『ガンダム』とまったく別の役割をしているのも印象に残りますね。ディレクションの意図が気になります。
 
 おそらく『イデオン』の方にこそ、富野本来の人間観が現れているのではないでしょうか。  

 俺にとり「ニュータイプ」というものがどうしても「SFの一アイディア」に思えないのは『イデオン』の存在が大きいですね。

そもそも

イデ自体が「悲劇の産物」らしいだけに「救いの神」にはなりえない感じですよね。

特にテレビの場合は明確な「意思」自体があるかも疑わしい。

確かなのは「無限力」と「衝動力」だけだと。

Re: そもそも

 コメント、ありがとうございます。

> 確かなのは「無限力」と「衝動力」だけだと。

 JINさんのご指摘にハッとさせられるものがありました。

 イデが「無限力」と「衝動力」をもつ存在ならば、富野監督は映画『2001年宇宙の旅』ラストの赤子を(ニーチェ的文脈で)意識していたのかな、と思えますね。

 しかし仮にそうだとして、イデがイデアからとられたネーミングだとしたら、こんなに皮肉なことはないですね。

 あるいはこのあたりは、富野監督一流の「無意識」なのかもしれません。「無意識過剰」な御人ですからね。

 映画『2001年宇宙の旅』への富野監督からのアンサー、それが『伝説巨神イデオン』だったのかもしれません。

スペース・オデッセイ

洒落じゃないですが、まさに「イデア」と呼ぶには一字足りないという感じですか。

小説によれば、スター・チャイルドはまさに「無限力」の持ち主らしく、地球の周りの軍事衛星を一瞬に消滅させてしまったそうですが。

Re: スペース・オデッセイ

 コメント、ありがとうございます。

 形而上学を否定したとされるニーチェの文脈が、映画『2001年宇宙の旅』にあるとしたら、イデアを連想させるイデというネーミングは意味深長なんですよね。

 クラークの小説は読んでいるはずなんですが、例によって忘却してしまっていて、自分の記憶力のなさを嘆いているところです。
 たしか小説版は難解な映画版と違って、“スッキリ”として読みやすかったことぐらいしか覚えていません。クラークはSF御三家らしく「わかりやすい」んですよね。
 
 いまでこそ探求の意味合いの強い“オデッセイ”ですが、もともとは(争いの世界からの)帰郷の物語ですよね。スペース・ランナウェイが(争いの世界からの)逃避行を意味するのなら、故郷をもてないと自称する富野監督らしいな、と思います。ここにも映画『2001年宇宙の旅』のパラフレーズが隠されているのかもしれませんね。

スペース・カタストロフィ

過激で知られる富野演出ですが、やはりキューブリックに比べればまだまだ甘いという感じですね。

この前後の『博士の異常な愛情』や『時計仕掛けのオレンジ』もですが、本作ではなんといってもHALの描写。

すでに四人も殺し「これ以上話し合っても無駄だ。さよなら」と自分で言っておきながら、立場が逆転すると途端に前言を翻し、何を今更な命乞いを必死に始める。

もちろん優位を回復すれば、また態度を変えるのは明らかなのは誰にも分かると。

Re: スペース・カタストロフィ

 コメント、ありがとうございます。

 HALの描写は秀逸でしたね。不気味でした。

定番コンビ

アニマックスで『ダイターン3』の一挙放送も始まりましたが、出来ればこちらの作品評も。

思えば井上&白石コンビもここからなんですよね。

Re: 定番コンビ

 コメント、ありがとうございます。

 >思えば井上&白石コンビもここからなんですよね。

 というのはまったく気づきませんでした。

 井上瑤さんがインテリという点で役回りがだいたい同じなのに、白石冬美さんの役回りがバラエティに富んでいるのも興味深いですね。

 こういう「声質が気に入った系」?と「演技が気に入った系」?の共演というのも、その時代その時代の「定番」声優の使い方に引き継がれていると考えていいのでしょうか。

 『ダイターン3』の記事をテキトーに書いてみました。ほぼ記憶にないのでたいへんでした。いつも以上に内容のない駄文になってしまいましたが、ご笑覧くだされば幸いです。できれば今後『ダイターン3』のコメントはそちらにお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/34-4121124c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (9)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん