ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

新『エヴァ』と劇場版『マクロスF』について

 数年前、新『エヴァ』を観ようと思っても観られなくなっている自分に気づいて愕然とした。「アニメ」を観る、ということが俺にとり敷居が高いものになっていたのだ。
 『ガンダム』無料放送からチラホラ最近の「アニメ」を観るようになって、「あれ? 今ならいけんじゃね」と思って再挑戦、今度こそ新『エヴァ』を観ることができた。そういう意味でも『エヴァ』は「アニメ」の最高峰のひとつなんだろう。

 「ヌルくなった」と一部で騒がれていたので、もしや新訳『Ζ』のような「大人チェック」を入れて旧作を改変したのかな、と思っていた。
 ところが実際に観てみたら「大人チェック」的にマズいところがまるまる残っていてw「うん、これでこそエヴァだ」と安心した。ヌルいどころか、俺にはやっぱりキツかった。児童虐待アニメにしか観えないw。もちろん見方が逆で、戦場での子供たちの悲鳴は“思春期の痛み”をあらわしているのだろう。
 旧『エヴァ』TV版にあった“必死さ”はないのだけど、優等生的に穴を埋めようとした「序」に対して、高く高く積み上げていこうとする「破」以後の“エヴァっぷり”はほんとうに痛快だった。嬉しかったし懐かしかった。そうそう、これこれw。この芝居のなってなさwと迫力の戦闘シーン、全体を覆う薄気味悪さ。これでないとな。“マクロス以後”のロボットバトルなんてわからない俺だけど、エヴァのバトルだったらわかる。極上のエンターテイメント「アニメ」だった。

 劇場版『マクロスF』もまた極上のエンターテイメント「アニメ」だった。「うん、これでこそマクロスだ」と安心できる出来になっていて嬉しかった。「私をつかまえてごらんなさい」とか平気でやるんだもん。つくってる側が笑ってないの。すげーよな。そこがもうマクロスw。あと戦闘シーンがなにがなにやらわからないあたりもマクロス。でも歌声を背景に跳ねまわる花火たちはあいかわず美しい。

 「アニメ」が好きで「アニメ」監督になったおふたりの作品は、見事なまでにかわらずにいてくれた。それが嬉しい。それが懐かしい。変わらないってことは、商業的にも大事だけど、同時におふたりとも自分の本質に近いところでつくってきた、という証だものね。

 望月智充が同世代の庵野と比較して俺は地味でとかいっているのも面白い。望月智充はたしかに「アニメ」分が少ない。大雑把に分ければ「アニメ」の人ではなく「映画」の人である。その彼が「俺は地味だし、くそ」といってしまう時代の変化が面白い。

 というのも、たとえば押井守は本来「アニメ」の人だったのに、『ションベンライダー』との同時上映がトラウマになり?w、凝った技巧をつくして「映画」を“発明”していく人になってしまったからだ。望月であれば自身の「アニメ」分を封印したりはしないだろう。

 「アニメ」、その源流はもとを正せば高畑勲だ。彼はもちろん「映画」の人なんだけど、「アニメ」の生みの親のひとりでもある。かれのTV作品『母をたずねて三千里』などは文芸面が弱いわけだ。その文芸面の弱さを演出の力で乗り切ろうとすると、形態論的にはいわゆるカギ括弧付きの「アニメ」と同じものになる。文芸面弱くてもいいじゃん、というのが『マクロス』だし『エヴァ』だ。望月智充はそういうのはイヤで『あの日にかえりたい』などを愚直につくって原作者に嫌われるわけだw。

 というか、「アニメ」という文脈ができた今となっては、『太陽の王子ホルスの大冒険』はもう完全に「アニメ」にしか観えないw。ヒルダとか絶対萌えるってw。いやもちろん「アニメーション」であり「映画」なんだろうなんだけどさ。

 富野由悠季もまた「映画」の人であるにもかかわらず、「アニメ」を描くひとりだ。かれの才能は「原作」と「演出」にあって、本人が認めるように「物語」が弱い。かれの作品もまた文芸面が弱くなりがちなのだ。さらに「物語なんて知ったことか! 俺は芝居だけやってたいんだ!」な『イデオン』をつくって以来、文芸面の弱い作品が多くなってしまったように思う。これを俺は“イデオンの祟り”と呼んでいるw。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/36-341e19f1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (9)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん