ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『宇宙戦艦ヤマト』と「大きなお友達」

 俺はヤマト世代ではない。そんな俺が俺からみた『ヤマト』の歴史的意義について書いてみる。

 「大きなお友達」という言葉をご存知だろうか。たとえば女児向けアニメなどにハマっている青年以上の人々である。
 ただ、この「大きなお友達」という言葉は、アニメの歴史的にいうと、ちょっと悲しい。

 『ヤマト』を一から盛り上げたのは俺より一回り上の世代のアニメファンだ。世間的にはアニメという言葉すらなかった時代である。
 彼らのうけてきた抑圧を俺は体験として知らない。しかしガンダムブーム前の中学時代、ガンダムのラミネートカードをみられて思い切りヒかれたw経験があるので、わずかながら想像がつく。
 よっぽど周囲に理解のある人以外、青年にもなってアニメが好き、とは公言できなかったんだろうなー、ということだ。
 なぜなら、彼らが熱心にみていたアニメは、それこそ女児向け魔女っ子ものや男児向けSFアクションもの、児童向け名作ものだったからだ。まさにアニメファン全員が「大きなお友達」状態だったわけだw。

 そんな彼らが一般向けのオリジナルアニメ『ヤマト』を観たときの喜びは、それはもう凄かったろうなー、と想像する。
 隠れずに好きといえる。隠れずに凄い作品なんだといえる。
 彼らがどれだけの喜びと解放感のなかで、『ヤマト』という作品を愛したのか、俺はそんな風に想像している。体験できなくて残念だ。

 「大きなお友達」という言葉はだから、アニメの歴史的にいえば、悲しい言葉だ。

 しかし男児向けの作品は、劇場版『ドラえもん』をはじめとした優れた映画作品のおかげで、もはや世間に舐められることはない、あるいは少なくなっていると感じる。
 女児向け作品にも、なにかそうしたブレイクスルーになるようなタイトルがいつか出てくるかもしれない。対世間というレベルでの話ね。そうなったらいいなと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/37-9516ef06

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん