ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

俺にとり“ガンダムの続編”が意味したもの

 『機動戦士ガンダム』の続編が作られる、ときいたとき、俺が感じたのは、ある種の「挫折感」であった。
 一観客が挫折感もヘッタクレもないはずなんだがw、かりに言葉にしてみると「ああ、アニメは負けたんだなー」という感じであった。アニメというか、ガンダムが負けた、ガンダム的な何かが負けた、ということだ。

 『宇宙戦艦ヤマト』や劇場版『銀河鉄道999』は素晴らしい作品なのだが、その素晴らしさは見事に完結しているという点にもあった。テーマとドラマと映像が見事に融合した作品であった。
 それの続編をつくる、というのは、あきらかに作品内容への敬意をもたない商業主義の行き過ぎである、と思っていた。続編作品の出来不出来の問題ではない。
 企画の段階で無理がありすぎたのだ。地球は救われ、機械化の元凶は倒された。まともな続編がつくれるわけがなかった。『ウルトラマン』や『仮面ライダー』とは作品のタイプが違うのだ。
 しかし子供番組としてしか扱えない大人たちの商業主義が、『ヤマト』や『999』の続編を作らせてしまった。

 その「子供番組としてしか扱えない大人たちの商業主義」に対して、戦いを挑んできたのが、富野監督ではなかったか、というのが、俺の評価だったのだ。だからこそ、余計に悲しかった。

 続編などつくらなくても、オリジナル企画の新作がどんどんつくられていく、それがヤマトブームとガンダムブームの決定的な違いだったはずなのだ。
 ガンダムがもたらしたそれは、商業主義と作品性とがぎりぎり結べる健全な関係であったように俺には思えた。

 たとえば『ガンダム』『イデオン』から『超時空要塞マクロス』が生まれてくる過程は、俺は美しいものだったと、いまでも思う。
 『マクロス』の主人公が日本人とか、アフリカ系の美女を配するとか、そのあたりの富野ワールドへの批評性が好きだった。
 また『マクロス』に衝撃を受けた富野が、永野護を擁して『重戦機エルガイム』をつくる、という流れも、エキサイティングな出来事だった。『マクロス』の主役メカのデザインがそうとうショックだったんだと思う。

 アニメ界発のオリジナル作品の連発、若い才能による進化、それに対するベテランの応酬、俺がみたそうした心躍る光景こそが、ガンダムが勝ち取ったもの、アニメが勝ち取ったものだったはずなのだ。

 アニメをめぐるそうした光景を、富野が終わらせる、ガンダムが終わらせる、という話が、俺にとり“ガンダムの続編”が意味したものだった。
 これほどガッカリしたことはなかった。

 俺自身がアニメ自体を卒業しはじめていたことも、その無残さが、ひときわ印象に残ってしまったということかもしれない。個々の作品より、業界のパワーを好ましく思う、という視点で接していたからだろう。

 もちろん、後世のいまの俺が冷静に振り返れば、当時の「ロボットの玩具を売るからオリジナル作品やらせて」というゲリラ戦法こそ、まさに“時代の徒花”であったのだろうが……。
スポンサーサイト

コメント

 その意味でも、とにかく富野監督は「新主人公」と「その視点」に拘った感じがありますよね。

 主人公どころか完全なレギュラーはそれこそカミーユ一人。

 シャアもアムロも、あくまで関わった人間たちの一人一人に過ぎないって感じで。

コメント、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。

 「新主人公」へのこだわりというのは相当あったと思いますね。
 カミーユは「キレる若者」として時代を先取りしていました。富野の嗅覚というのは本当に侮れない。

 シャアが「視点人物」のひとりになったのも特徴的でした。シャア・プロットにいまひとつノレなかった俺などは、結果としてシャアは登場すること自体失敗だったのではないかと感じてしまいます。
 後知恵ですが、『逆シャア』から逆算すれば、シャアもアムロも『Ζ』に登場すべきではなかったと思います。
 ふたりは完全にカミーユに食われていましたから。

 その意味で劇場版『Ζ』のラストは「失敗」だったかな、という気がします。
 カミーユが普通に健在だったら、シャアとの因縁が、『Ζ』で風化してしまったアムロとのそれ以上にできているはずで、『逆シャア』はシャアとカミーユの物語にならなければならなくなったはずです。カミーユからすれば、シャアの変心など、それこそ「修正してやる!」ですよね。

結果的に

あくまで単一の別格だった初代と違い、むしろ『Z』こそが以後にも続く「ガンダムシリーズ」の本当の出発点になったという見方も多いみたいですね。

制作陣も含め、あまり初代のカラーが感じられず、むしろ『ZZ』と同様の『Z』のバリエーションといった感じの『逆襲』なんかまさにその象徴といった感じですが。

Re: 結果的に

 コメント、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。

 『Ζ』がなければ「いまにいたるガンダム」はありませんでしたね。

 『THE ORIGIN』ですら、『Ζ』のリアリティレベルで描かれるわけですから、いかにシリーズの礎になったかわかります。

 SDガンダムというシリーズを生み出したのも、『Ζ』のリアリティレベルがあったからこそ、といえそうですし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/38-0efe73ac

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (12)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (2)
Ζ (4)
F91 (8)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん