ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野演出のハイブリット

 俺のみるところ、富野監督には「演出の引出」が、大きく分けて、三つある。
 ひとつは「高畑勲」とラベルを貼った「リアリズム演出」である。
 ひとつは「長浜忠夫」とラベルを貼った「演劇的演出」である。
 そして滅多に開けない秘密の引出は、たぶん「出崎統」というラベルが貼ってあるはずだ。

 『ガンダム』を観ていて、それぞれの「引出」が別々の作中人物を担当していた、という妄想をして楽しんだ。

 序盤から終盤近くまで、日常演出で描写されるアムロたち連邦軍の人々。担当監督は「高畑勲」。
 その日常に襲いかかる芝居じみた集団ジオン軍は、もちろん「長浜忠夫」が担当している。

 この構図が崩れるのが、ララァが登場する回。
 ここはいきなり「出崎統」になる。ララァだけが「出崎」担当キャラなのだ。

 この「出崎」の乱入により、『ガンダム』の舞台は、ぐるりと回転する。

 アムロはニュータイプに目覚め、カムランは愛していると呟き、スレッガーは軽口を叩いて特攻する。
 一方でシャアは部下に軽んじられ、整備兵と愚痴を言い合うことになる。

 アムロたちが芝居じみた集団になり、ジオンが日常になる。

 富野の秘密の引出「出崎」はあまりうまく使いこなせるものではないのだろう。だが、ある転調を必要とするとき、富野はためらうことなく、そのつかえこせない力を使う。
 キングゲイナーの一話のゲインにも「出崎」を感じた。


 てゆっか、ロボットなしで、原作富野由悠季・監督出崎統の「ゲインとゲイナーの物語」を観たかった。
スポンサーサイト

コメント

どうもはじめまして~

「富野が『出崎統』という秘密の引き出しを持っている」というのは非常に素晴らしい表現ですね。

キングゲイナーと並んで「逆襲のシャア」にでも『出崎統』という引き出しが使われているのを俺は感じますね。

まっつねさんの『逆シャア』話、読みたいなー。

どうもコメントありがとうございます。まっつねさんのBLog、以前から読ませていただいております。アニメの見方をずいぶん勉強させてもらいました。作画や演出、脚本といったスタッフの系譜論とかすごいですよね。各話スタッフとか気にしてなかったからなー俺。『電磁砲』なんてまっつねさんの影響で見始めました。作品世界に「入る」までが大変でしたけどおっさんの俺には。


『逆襲のシャア』の出崎っぽさは、俺にはまったくわかんないっすねー。今度、Blogの方で書いてください。
ただ「白鳥の顔だけララァ」を観たときは、デザキるにしてはヒドいデザキり方だな、とは思いましたが。そこじゃないっすよねw。

出崎以後の演出家、監督は幸せですよね。影響受けられて。富野は出崎前のヒトですからね、大変ですよ。不器用なかたのようですし。それでも出崎的なものを必要としているんでしょうね、作家として。空間、時間、天地、自由自在なところとか。ガンダムのバトルシーンなんて空間と時間、天地の「枠」のなかで飛び回るところがミソですから、資質的には真逆なのかもしれないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/4-bd6e05c1

こりずに出崎統メモ

ブログ検索で出崎統を扱ったブログを見つけようの回 http://d.hatena.ne.jp/metamoir/20091231/1262219028 ベストとワーストの両方をGENJIにする、っていうのを 俺以外にも思いつく人間がいたというのがまず驚きw いや、俺はしなかったけどさw http://shiwasu5.blog1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。