ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Ζガンダム』について 補遺

 『機動戦士Ζガンダム』は、俺からみると、企画の段階から無茶だった。そしてその無茶ぶりが、歪みとして作品に反映されてしまった不幸な作品だ。言葉を変えれば富野の周到さがもっとあればより面白くなったポテンシャルを秘めていた作品といえるだろう。

 とはいえ、その歪みそれ自体が、作品としての魅力にもなっている、というのだから、必ずしも「優等生的」な作品が面白いとは限らないという典型的な例かもしれない。
 だから俺にしてみれば、複雑な思い入れがある作品であるし、好きだという人間の気持ちも多少はわかるつもりだ。

 『Ζ』の魅力とは俺にとり、以上あげた三つの欠点が、そのまま魅力にもなっている点であるからだ。

 ヤラレメカ的なロボットが登場せず、敵であっても小破で撤退するのは、それだけ敵パイロットも優秀な証だ。MS初期の時代ではないのである。MSが通常兵器となり、その運用がきちん行き渡っていることを伺わせる。
 そんな時代であれば、かつて紅い彗星と異名をとったエースパイロットも、そこそこの操縦技術をもった敵味方に埋もれても仕方がない面がある。7年も前の、MS初期のパイロットなのだ。

 またパイロットだけで織りなす人間模様も、過酷な戦時下における緊迫したそれであって、だからこそ悲劇が際立つのである。

 政治的混乱を描いて“難解”になっているのは、そもそもカミーユがおかれた状況が、“混迷”をきわめているからである。

 カミーユを動かすのは正義感ではなく、ただ生き延びるためでもなく、敵の非人道的な行いに対する怒りからだ。それでもなければカミーユには戦う理由がない。
 「現実」の暗喩だった地球連邦はすでにその機能を失い、三つ巴の戦いの渦中にあって、ただ怒りと愛だけが、カミーユの「現実」なのである。

 カミーユは何度も愛を奪われ、何度も怒りを激発させる。やがて歴戦のシャアをも戦慄させる虚無の貌をもつ少年になっていく。
 ただ失われた愛によってのみ、最後の怒りは最悪の敵を打ち砕くことができるのである。そのときカミーユには「現実」など存在するわけがなかったのだ。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

 その辺りのカミーユの「虚無」を最も描いていたのは、やはり小説版の最終巻ですよね。

 そして『Z』という作品の最大異質な点は、そうしたカミーユ個人の主観性のみを追うドラマだったという点にもあったわけであり、そこにおいてはシャアもアムロも「関係者」の一人でしかないと。

Re: はじめまして

 JIN様、はじめまして。
 コメント、ありがとうございます。

 >その辺りのカミーユの「虚無」を最も描いていたのは、やはり小説版の最終巻ですよね。

 仰るとおりだと思います。『Ζ』の場合、小説版は副読本的に大事な気がしますね。(『V』も……w)

 >シャアもアムロも「関係者」の一人でしかない

 ほんとうにそう思います。個人的にはシャアもアムロも「パイロットとしては」出さない方がよかったかなと考えてます。
 とはいえ、彼らの登場で、カミーユの天才性といっぱいいっぱいな感じが出ていたとも思うので、難しいところです。
 「物語」と「芝居」なら後者をとるのがこのときの富野監督であったのかもしれません。

その意味で

 自分的にポイントだと思ってるのが、実はロザミア。

 作品のファンにおいても、フォウに比べて注目が低い彼女ですが、彼女もあってこそのカミーユだと思うんですよね。

 だからこそ最後の場面ではフォウだけでなく、彼女が寄り添うのも当然。

 (その意味で、やはり映画版は「画竜点睛」を欠いた感じで。)

Re: その意味で

 コメントありがとうございます。

 JINさんのご明察どおりだと思います。

 >すでに「壊れている」ロザミアと「壊れゆく」カミーユとの対比も完璧で。

 このあたりの視点は新鮮でした。
 フォウの喪失はララァの再現ですからハッピーエンドルートもありえますよね。
 しかしロザミアは違って、擬似家族でしたから、その喪失の意味も違ってくる。
 さらにその悲劇はファも共有しているわけで、カミーユには“還れるところ”までも喪われてしまう……

 >だからこそ最後の場面ではフォウだけでなく、彼女が寄り添うのも当然。
 >(その意味で、やはり映画版は「画竜点睛」を欠いた感じで。)

 まったくです。

もちろん

 フォウの存在が軽いわけではありませんが、彼女の場合は、あくまでカミーユ個人の「私事」ですからね。

 その意味で、「本妻」のファが彼女の存在だけは知らないというのもポイントで、宇宙と地球を舞台分割した『Z』の特色の一つでもあると。

Re: もちろん

 コメントありがとうございます。

 仰るとおり、ファがフォウの悲劇を直接は知らないという点で、彼女は部外者なんですよね。フォウの存在が大きいほど割を食う位置にいるのがファですね。

 >宇宙と地球を舞台分割した『Z』の特色

 というのは面白いですね。考えもしませんでした。ファとフォウとでの分割ということでしょうか。

 『Z』36話「永遠のフォウ」について、
 本放送時には、フォウの再登場に、正直ズッコケた記憶がありますw。
 案の定繰り返す悲劇にいたっては「視聴者バカにしてんのかな」とプンスカしたことを思い出します。
 『ΖΖ』におけるプル・シリーズの設定などはこのあたりの反省から生まれたのかな、とも考えていました。

 とはいえ「カミーユ?……バーン!」という場面にはやられたクチですw。
 彼女は遠藤世界のヒロインだと思うんですよね。脚本・演出・作画と、当時の若いスタッフたちの美しい結晶のようなエピソードであることは間違いないでしょう。

 『新訳Ζ』における声優交代には諸事情あるんでしょうけど、ゆかなフォウは人工性含めて、遠藤世界からの脱却には成功していたような気がします。

 >「本妻」のファ

 ファについては、TV版と『新訳Ζ』では、デキてるデキてないの差があったように感じられました。
 『新訳Ζ』では本妻度?が半端無かったように記憶していますw。

『Z』の場合

 宇宙のアーガマと地球のアウドムラに拠点を分けて、その間を個人単位で往復する感じですよね。

 そしてその双方を経験しているキャラは実に少ない。

 ヒロインで言うなら、ファとサラは宇宙のみで、フォウは地球限定。

 あと意識しているかどうかは別ですが、ファとフォウの立場の違いというのは、あの『ゴッドファーザー』のケイとアポロニアにも通じる感じも。

 当然にカミーユはマイケルで、「背は低いがカリスマは高い」のも共通と。


 あとキリマンジャロ編はどうしても北爪氏の作品ですが、あの絵柄にゆかなさんは会わない感じなんですよね。

 逆に恩田氏の絵では島津さんが合わない。

 富野監督がどれだけ意識したかが論議の的でしたが、やはり必然だった感じがしますね。

Re: 『Z』の場合

 コメントありがとうございます。

 >宇宙のアーガマと地球のアウドムラに拠点を分けて、その間を個人単位で往復する感じですよね。
 >そしてその双方を経験しているキャラは実に少ない。
 >ヒロインで言うなら、ファとサラは宇宙のみで、フォウは地球限定。

 なるほど! 言われみればそうですね……いままで気づきませんでしたw。

 あと『ゴッドファーザー』の件も目から鱗が落ちました。
 監督が観てないわけがなく、当然影響下にあるわけで、自覚的はともかく、JINさんの見立てどおりの可能性大ですね。
 
 絵柄と声優の件も納得です。島津フォウだと「本妻」ヒロインを食ってしまうからかな~と俺などは安直に考えていたんですがw。
 デッサン的には間違いもあるかもですが、終盤に向けてどんどん先鋭化していくカミーユの凄味は、TV版の方がよく出ていたような気がします。

カミーユの凄味

 これはやはり演じる飛田さんの声質と技量向上も大きいでしょうね。

 この辺りは『ゴッドファーザー』でマイケルを演じた、アル・パチーノにも通じる感じ。

 声質の「美しさ」の中に「若さ」と「危険さ」を漂わせながら、どことなく「退廃」ないし「老成」したかのような雰囲気すら漂うのも特徴。

 そしてこれはフォウを演じた島津さんにも共通した部分であり、その二人の共演が大きなインパクトを発揮したのもまた当然か。

Re: カミーユの凄味

 コメントありがとうございます。

 >声質の「美しさ」の中に「若さ」と「危険さ」を漂わせながら、どことなく「退廃」ないし「老成」したかのような雰囲気すら漂うのも特徴。

 仰るとおりだと思います。
 富野作品だと、やはり声優さんの声質と力量がものをいいますね。

 >そしてこれはフォウを演じた島津さんにも共通した部分であり、その二人の共演が大きなインパクトを発揮したのもまた当然か。

 まったくですね。TV版の魅力のひとつですからね。

ファという女

 彼女については、フラウと比較される事が多いですが、積極性が全く違いますからね。

 相手が他の女に目を向けても、フラウならせいぜい後ろから舌を出すくらいに対し、ファの場合は、思い切り抓り上げる。

 あと極端に言うならば、彼女は「夫」か「子供」かを選ぶなら「夫」を選ぶタイプでしょうね。

 そしてフラウは間違いなく「子供」を選ぶと。

Re: ファという女

 コメントありがとうございます。

 >彼女については、フラウと比較される事が多いですが、積極性が全く違いますからね。
 
 仰るとおりだと思います。
 自分から積極的にパイロットになってしまうような女性ですからね。
 ニュータイプに目覚めたアムロに距離を感じてしまうフラウとは対照的ですよね。
 
 >相手が他の女に目を向けても、フラウならせいぜい後ろから舌を出すくらいに対し、ファの場合は、思い切り抓り上げる

 積極的というかキツいというかw。

 ファの場合エンディングからわかるとおり最初から「正ヒロイン」の座が与えられていますからね。
 フラウはそうじゃないから、主人公との距離が広がりこそすれ縮むことはない感じです。
 性格の違いもありますが、距離感の違いもありますね。

 >あと極端に言うならば、彼女は「夫」か「子供」かを選ぶなら「夫」を選ぶタイプでしょうね。

 そのとおりだと思います。
 シンタやクムの面倒もみてますが、その前にパイロットとしての自意識がある感じなんですよね。
 エキセントリックな天才肌でどう考えても家庭人としての姿を想像できないカミーユには、ファのような女性がお似合いなんでしょうね。

修羅の女

 あとケイとの比較ですが、ファの場合、ケイと違って自ら「地獄行き」を選んだわけですからね。

 まさに「魔性の男」には「修羅の女」という感じ。


 彼女として自覚は無いでしょうが、その意味では、まさにこの作品のヒロインの中でも最強というか。

 

Re: 修羅の女

 コメントありがとうございます。

 ケイというキャラクターのことが思い出せません。ですから、

 >自ら「地獄行き」を選んだ

 というニュアンスはちょっとわかりません。自ら戦場に立ったということでしょうか? カミーユの介護のことでしょうか?

 >まさに「魔性の男」には「修羅の女」という感じ。

 仰るとおりだと思います。カミーユのためなら、どこまでもついていきそうですからね。
 『ΖΖ』では、「壊れた」カミーユの介護が最優先でしたし、途中まではパイロットとの二足のわらじでしたし、芯の強い女性だと思います。
 それと以前書いた「シンタやクムの面倒もみてますが、その前にパイロットとしての自意識がある感じなんですよね」は撤回します。
 カミーユ>こどもたち>パイロットの順でしょうかね。このあたり、記憶が曖昧なんですよね。たしか戦闘中にこどもたちを助けるために戦線離脱をしたエピソードがあったような……

 >彼女として自覚は無いでしょうが、その意味では、まさにこの作品のヒロインの中でも最強というか。

 まさしく。

Re: Re: 修羅の女

 自己レス

 ああ! ケイって、あの『ゴッドファーザー』の彼女ですか!
 それだったら、ZINさんの仰るとおりですね。

カミーユの「動機」

については、自らの「居場所」探しもある感じですね。

衝動的にそれまでの「居場所」を自ら失ったものが、とにかく成り行きの試行錯誤の中で、それを新たに見出そうとする。

エゥーゴはあくまで成り行きで行き着いた場所に過ぎないわけで、同組織の存在がいささか希薄なのもそうした事情が大きいような気も。

Re: カミーユの「動機」

 コメント、ありがとうございます。

 なるほど、そういう解釈もありえますね

 俺なんかのカミーユのイメージは、「落とし所」をもてない少年というものです。芸術家肌のイメージですね。永遠に「この世」に適応できないタイプというか。

 繊細な感受性と衝動性がまさっていて、アーガマのクルーのひとりという「大人」を演じることもありましたが、それすら彼の本質を変えることができず、かえって抑圧のひとつになってしまったのではないかと思っています。
 カミーユにとって「大人」をやる、ということは、悲劇の連続と同じように、彼の精神に負荷をかけたのではないか、という解釈をしています。

 テレビ版のラストは衝撃的でしたが、ある意味納得もいったんですね。「落とし所」のないカミーユという少年にとっての唯一のラストだろうと。
 そういう意味では、シロッコの最期の台詞はほんとうに余計だったなと思っているんです。シロッコがどうこうではなく、なるべくしてなったラストだろうと思っているからです。

その種のテーマとしては

「青い鳥」なんかもそうですよね。

とにかく「身近の幸福」に気付くためにも「旅」は不可欠なのだと。

Re: その種のテーマとしては

 コメント、ありがとうございます

 問題はカミーユに「青い鳥」がいたかどうかですよね。

 俺の解釈だと、カミーユには「青い鳥」はいなかったと思うんですよね。そこが『Ζ』をして突出した“悲劇”にしているんじゃないでしょうか。

 以前JINさんがご指摘したとおり、『Ζ』は初代のロマンティズムの否定という側面がありますからね。
 カミーユは、アムロとララァと違って、ファと完全な相互理解に至らないし、初代ラストで「居場所」をみつけたアムロと違って、ああいうラストになってしまう。

 ファでは「青い鳥」にもなれないし「居場所」にもなれなかったんでしょう。
 ファと結ばれるには、カミーユに繰り返し降り掛かった悲劇は重すぎましたし、そのために彼が背負わされた業は深すぎました。

 カミーユは自ら何かをみつけようとする能動者というより、悲惨な運命に翻弄される受動者であるように、俺からはみえます。

 終盤に向けて、カミーユがどんどん追い詰められ、「ニュータイプである」ことも「大人をやる」ことも、すべて無意味なんだ、という虚無を抱えていく過程に、憐れみを覚えました。カミーユの虚無はシャアですら戦慄する凄みをもつようになる。

 ここまで少年に歳不相応の役割を押し付ける周囲の大人の不甲斐なさが、ブライトやシャアのものであるという点でも、悲劇を際立させました。

 カミーユは凄惨な悲劇のなかでしか生きてこれなかったし、ラストがどうしょうもなく救いのないもになるのは必然だったと思っています。

ファの存在が

最後に際立つのは、やはり最終回なんですよね。

最後の劇場跡での「四竦み」を打破するのが、「傍観者」未満の彼女であるというのが特筆。

脱出後の戦闘でも、しっかりカミーユやシャアをフォローする場面が行われているのも大きい。

それが唐突に感じないのは、やはり決戦前の48話の存在も大きい感じですね。

「あの頃に戻りたい」とすがりつく場面は、あの『マクロス』も思い出したくらいでしたが、まさに当時の業界全体のリアルロボット路線の総決算もまさにここにあったかと。

Re: ファの存在が

 コメント、ありがとうございます。

 ファの存在が最終回で際立ったというのは、まったくその通りだと思います。

 ファはほんとうに絶妙な位置にいて、『Ζ』を『Ζ』たらしめたキャラクターでしたね。

 正ヒロインとして設定されていたはずですが、中途半端に「カミーユの地獄」に付き合ったがゆえに、かれの還る場所になれませんでした。しかしそれでこそ『Ζ』ですよね。

 「主要キャラクター全員パイロット」という『Ζ』の「失敗」を象徴するキャラクターだったと思っています。

 ただしその「失敗」が、あの凄いラストシーンにつながるのですから、ただでは起きない富野、といったところでしょうか。

 “当時の業界全体のリアルロボット路線”というのはとうてい俺の観測範囲に入りきれないのですが、その“総決算”といわれると、富野ファンとしては面映いような、嬉しい気持ちになります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/42-0c7a3d0e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (10)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。