ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人なのに「G-レコ」観ちゃってごめんな、たった10分だけだけどな!

 俺のみるところ、富野アニメは、ある時期まで、「作家性の強い作品」→「一歩退いた作品」→「作家性の強い作品」、と交互につくられていた。

 俺のような富野ファンだと、どうしてもこの「作家性の強い作品」ばかりを偏愛してしまう傾向が強い。
 とくに俺は文芸方面への偏りでみてしまうので、「一歩退いた作品」は、どうしても脚本家たちの方に目がいってしまうのだ。

 『伝説巨神イデオン』以後でいえば、俺の偏りのなかで富野語りがしづらいのは、『戦闘メカ ザブングル』『重戦機エルガイム』『機動戦士ガンダムZZ』だ。
 これらの作品はどれも好きなんだが、富野色という点では、「うーむ」となってしまう。

 たとえば『ザブングル』には吉川惣司、『エルガイム』には渡邊由自、『ΖΖ』には遠藤明範の影がちらついてしまう。

 そして『機動戦士ガンダムF91』なんだが、この作品では、自ら富野色を抑制しようとする気配がある。富野色の強い小説版とは色合いが違うし、しかし特定の脚本家の影は感じない。NEW富野だ。
 そんなNEW富野がその後“皆殺しのトミノ”的な欠点丸出しの『機動戦士Vガンダム』をつくらざるをえなかったのは、不本意だったろう。(『V』は無茶な作品だが各話各話は魅力的だ)

 『ブレンパワード』は挑戦的な作品だ。この作品から、NEW富野Ver2的な立ち位置を模索しはじめる。富野色を抑制しつつも、特定の脚本家色を出さず、しかし各話脚本の魅力を全面に出す、そうした均衡をねらっていく作風だ。
 とはいえ『ブレン』は途中からだが、面出明美の影がちらつくように感じられるので、過渡期の作品といえるだろう。

 『∀ガンダム』はそんな富野が目指していただろうNEW富野Ver2の完成形でつくられた傑作である。しかし終盤にかけて富野色が強くなってしまったきらいはある。
 『OVERMANキングゲイナー』も、NEW富野Ver2だろう。たとえば各エピソードの敵役づくりの周到さなどは、大河内一楼たちの仕事だったのではないだろうか。

 しかしだ、しかし。
 アニメ『リーンの翼』はどうしてくれるんだ。富野色が強く出たが、“皆殺しのトミノ”ではない。NEW富野Ver3とでもいうのだろうか。

 『ガンダム Gのレコンギスタ』への期待はそこにある。全話脚本を富野が手がけたという話があるらしいのだが、どこまで富野色を出すのか、あるいは抑制するのか、非常に興味深いのだ。 
  NEW富野Ver3はありえたのか、またその完成形になるとしたら、傑作になる予感しかしないのである。
スポンサーサイト

コメント

そして

 遠藤氏の場合、どうしても「カミーユの喪失」が付きまとうんですよね。

 それだけにもしカミーユが残っていれば、ジュドーとの間に、かつてのシャアとカミーユ以上の緊張的なドラマが期待できたと思えるのが残念と。

Re: そして

 コメント、ありがとうございます。
 「カミーユの喪失」は前作からの引き継ぎですので、遠藤さんも大変だったと思います。
 ただ「カミーユのリハビリ」というか「回復」劇はどこかでみたかったです。
 
 >もしカミーユが残っていれば、ジュドーとの間に、かつてのシャアとカミーユ以上の緊張的なドラマが期待できた

 これは考えもしませんでした。そのバージョンも面白そうですね。
 そのバージョンなら新訳『Ζ』につづく新訳『ΖΖ』も創れそうなのがいい。
 新訳『Ζ』→『逆襲のシャア』の流れで、『ΖΖ』が「なかったこと」にされるのは寂しいですから。
 誰か富野監督に具申してくれないかなー。

『ブレン』は

 自分としても好きな作品ですね。

 次世代ネタを考えた事もありますが、依衣子の相手役としては、カントを想定。

 キャラ的に、まさに上下逆転の「義兄弟」と。

Re: 『ブレン』は

 コメントありがとうございます。

 『ブレンパワード』、いいですよね! 富野にとって画期になった作品ですし。

 とくに伊佐美家の女系三代記、ファミリー・サーガが興味深かったです。
 ファミリー・サーガは俺の好きな『F91』でも描きかけたものなんですよね。尺の問題か富野の自覚が足りなかったのか背景設定の一部にしかなりませんでしたが。
 個人的にはジョナサンのマザコンぶりが女性のそれにみえるので、こちらの方の女系三代記も描いてくれたならぁと贅沢なことも考えたり……

 そういう意味では、

 >次世代ネタを考えた事もあります

 というのも興味深いです。どういったものなのか、いつか披瀝してくれると嬉しいです。

 >依衣子の相手役としては、カントを想定。
 >キャラ的に、まさに上下逆転の「義兄弟」と。

 なるほど上下逆転の「義兄弟」ですか。面白そうです。カントは可愛かったですね。
 その場合、勇や比瑪がどんな態度で接するのかもみものですw。

自分としては

カントなら研作ともウマが合いそうなんですよね。

ある意味ではゲイブリッジも含めての、こうした男たちの系譜も見逃せない感じで。

Re: 自分としては

 コメントありがとうございます。

 >カントなら研作ともウマが合いそうなんですよね。

 なるほど、そういう意味でしたか。たしかにお互い変人?研究者ですからねw。「義親子」としてもうまくやっていけそうですね。周囲が大変そうですがw。まー比瑪なんかはいつもの比瑪でしょうけどw。
 いろいろな方が指摘していますが、富野作品では、家族を顧みない技術者や研究者が親として頻出するのは、どうしたことでしょうね。勇やカミーユなんて両親揃ってそうですからね。

 >ある意味ではゲイブリッジも含めての、こうした男たちの系譜も見逃せない感じで。

 女系ファミリー・サーガに登場する“外様”の男たちの系譜という感じでしょうか。それはそれで面白いですよね。

 個人的にはファミリー・サーガは男系のそれが好きです。跡目がどうとか復讐がどうとかで争う感じのw。それこそ暴力に彩られた叙事詩ですし。

研作の場合

 ドレイクと逆に「意外と侮れない」感じなんですよね。

 かなりふてぶてしかったり、一人でグランチャーを乗り回すなどの行動力もあるし。

 特に一番印象だったのが「殴られるくらいは覚悟してるさ」で、意外と恋愛沙汰にも疎くない。

 とにかくあの翠の「夫」が務まるのは、確かに彼しかいないという感じで。


 その意味で、まさにカントもそんな感じですが、義父母と同じく、彼らのくっつく過程も不明というのが自分の解釈。

 とにかく依衣子の場合、たとえ相手が誰でも、子供の世話は勇たちに押し付けて、実業家あたりで世界を飛び回っていそうですが。


 ちなみに自分の仮定では「勇の息子」に「依衣子の娘」、そこに「ジョナサンの子供」が絡む、「三角関係」が基本になっています。

Re: 研作の場合

 コメントありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。
 なるほど、そういう意味では研作やゲイブリッジの系譜も見逃せないですね。

 俺の場合、研作にしろゲイブリッジにしろ、作劇上の「機能的人物」にしか見えなかったんですね。そういう意味で印象が薄いキャラクター達でした。

 とくに研作はこれといった情念や主義主張が感じられなかったので余計にでしたね。「設定説明」のための「機能的人物」かなと。
 ただそれゆえに甘ったるいメロドラマのなかで一際異彩を放っていたことも確かです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/43-9f50ac57

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。