FC2ブログ

ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンダム Gのレコンギスタ』を第九話まで観た(ネタバレなし)

 悩んだ。
 せっかく富野新作『ガンダム Gのレコンギスタ』をオンタイムで視聴体験できるのだから“お祭り”に参加するかどうかだ。
 しかし結局ひとさまからの影響を受けやすい自分のことをかえりみて、自身の感じただけの体験を大切にしたいと思い、他の方の富野語り、『G-レコ』語りは放送終了後までオアヅケにすることにした。
 俺にとり俺という枷がすべてではないが、せっかくの富野新作だ。俺という枷のなかでじっくり堪能したい。

 一話から三話までの印象はすでに書いたが、だいたいの感想はあれからさほど変わっていない。

 “いつもの富野”と違うな、と感じたのは、とにかく懇切丁寧だという点だ。
 富野はよけいな説明や描写を嫌う傾向があるように思う。それが映画リテラシを要求し?わかりづらさになることもあるのだが、今作ではそれがないのである。
 画で描写し、台詞で説明する。ここまで“親切”な富野、というのは今までみたことがない。
 富野ファンからすれば「今回はやけに親切だなー」という感想とともに「珍しくクドいよなー」という批判もありうる。
 ただ、富野がこどもを意識すればこうもなるのか、というくすぐったいような感慨もあって楽しい。

 ストーリーをみようとすると、芝居という枝葉に邪魔されて、発見できない(笑)だろう。
 このあたりは、富野の欠点でもあり魅力でもある。
 ストーリーなど気にせずに、場面場面の芝居を堪能すれば、おのずと作品世界の息遣いを感じることができるようになる。
 そうなれば、あとは芳醇な悦楽が待っている。

 冒険活劇にはなりそうにもない。やはりロボットバトルがメインだった。これは仕方がなかったのだろう。
 吉田健一を擁して“冒険譚”というキーワードがあればそれを期待したくもなる。
 少年は“走る”ことによって少女と乖離することになる。そこに冒険譚が生まれる。
 だから“走らないパズー”より“走るコナン”の方が「男の子してる」わけで、メカに乗ったら台無しだ。
 そのあたりは俺のないものねだりだったようだ。

 のんびりしたフィルムの弛緩した感じと、濃密な情報量の落差には、多少の戸惑いもある。
 富野の年齢を考えれば、フィルムの感触は無理もないのかもしれない。だとすれば、情報量の密度が不自然だ。
 このあたりのちぐはぐ感は、“観ていてつらい”ものがあるのも事実である。
 「おじいちゃん、ちょっと無理しすぎ」という感想がある。もっと肩のちからを抜いたものもみたかった。
 もっともこの熱量をもってすれば、今作が富野の遺作にはなりそうにもないらしい、と感じられ、それが僥倖でもあると歓喜しうるのが俺でもある。

 年齢という点でいえば、今作と俺はまったく交錯しない。
 これも楽しい体験だった。
 TVまんがをみるようなおチビが身近にいない環境で、未来を信じるほど若くもなく、老いを感じるほど達観もできない。

 リアルは地獄とは割り切れない。背負うものがある。
 未来という閃光とは信じらない。達観するには生臭すぎる。

 俺の「いま」と、『G-レコ』はまったく交錯しないのだ。
 それでいても楽しいのは、俺が富野ファンだからだし、作品に普遍性が宿っているからだろう。

 だからこそ、いまの俺には“観ていてつらい”ということどもも、ここに刻んでおかなければならない。
 未来の俺があるとしても、馬鹿は馬鹿なりに軌跡を刻むことをもって、未来という閃光になりうるかもしれないからだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/46-cf96b271

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (12)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (2)
Ζ (4)
F91 (8)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。