ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

平井和正逝去

 富野由悠季とも対談しており、かれに『めぞん一刻』を読ませて、「とてもスリリングですね」という名台詞を言わせたのが平井和正という小説家である。
 また平井は初代『機動戦士ガンダム』を評して「ようするに『十五少年漂流記』ですね」とズバリ喝破したことも印象深い。
 (そのあたりはガンダム初期企画を採用した『銀河漂流バイファム』という作品もあるくらいだ)
 そのあと、平井は、自作『幻魔大戦』のコンセプトも“漂流する子供たち”という点で、『機動戦士ガンダム』と通底していると言及する。

 高度経済成長の熱気も全共闘の熱狂も過去のものとなり、世はシラケとトライブごっこに明け暮れた時代であった。
 大人はいい。金持ちのぼんぼんもいい。ようは金があれば熱気も熱狂も忌避された時代である。それらは「ダサかった」のだ。

 好景気とともに金持ちのぼんぼん道楽文化は大衆レベルまで降りてくる。夏はサーフィンや避暑地のテニス、冬はスキーだ。
 俺の場合、それらには愛憎半場する気持ちがある。それらを享楽しまた憧憬もあったからだ。

 しかしアニメにしろ小説にしろ貧乏人の娯楽である。どこぞのレストランがどうのどのクルマがどうの時計がどうのといった本当のトライブごっこには参加できない自分も自覚していた。
 多少の小金持ちはのちに俗にいうサブカルだのオタクだのというトライブごっこを発明するが、俺にはそれすらも惨めな思いで見守っていた。

 『機動戦士ガンダム』と『幻魔大戦』の時代とは、まともな大人、真剣に子供たちに語りかける大人がいなかっった時代である。

 なぜそれらがヒットしたのかは、これでおわかりだろう。
 
 たとえそれが間違っているかもしれないが、そこにはたしかに「真剣な大人」たちがいたのだ。
 
 “時代”に違和と疎外を感じていた若者たちが、それらの作品とその作家たちに惹かれたのは当然のことのように思える。

 その平井和正が世を去ったというのは、自身のこころの一部を喪失したような悲哀がある。

 ご冥福をお祈りします。  

 アニメ監督では富野が、小説家では平井がいちばん好きである。
 富野作品と違って、平井作品の場合はある時期以降の作風についていけず読者であることをやめてしまったが、尊敬の念はつねに抱いてきた。
 人生の師といっていい、それぐらい影響を受けた作家たちである。

 富野と平井、といえば、世代的なものもあるが、ファザコンをこじらせた若者、というのがピンとくるかもしれない。ハマるのがマルクスか麻原かで世代の違いがあるのと同じである。
 俺もそういったものにハマる危うさをもった若者だった。富野教や平井教でほんとうによかったと思っている。

 厳密な意味では通過儀礼は近代以後の世界には存在しない。
 世界から意味を脱色したのが近代以後の世界にほかならないからである。全体性の留保といってもいい。そこに近代以後の知がある。
 近代以後の世界では、宇宙的意味を帯びた、部族の戦士や部族の母にはなれないのだ。

 とはいえ、人間は人間である。いづれ近代以後の世界に生きることになろうとも、宇宙的意味を求めるのは自然なことだ。
 全共闘もオウムもその文脈で考えると同じにみえる。若者たちは宇宙的意味を帯びた“戦士”にならんとしたわけだ。

 しかしこれは通過儀礼の不幸な陰画である。意味なき世界から青春の熱狂を通過して意味なき世界に帰還するものだからである。
 また帰還しなければ、ただの反社会的な政治ゴロや宗教ゴロに転落するしかないのが、近代以後の世界を生きる「大人」というものである。

 富野教や平井教でよかったのは、そうした“聖戦士”をあくまでフィクションの世界で描いてきた点にあるだろう。
 そこには通過儀礼の熱狂がないかわりに、意味なき世界を生きる大人たちの後ろ姿がみえていたからである。
 そこに希望があったのだ。いやそこにしか希望がなかったのだ。意味なき世界、“父”を知らない若者には。


 さらに追記
 いや「政治ゴロや宗教ゴロ」は言いすぎた。
 信念や信仰をもった人々を貶める言い方であり軽率だった。

 とくに「表現の自由」をめぐって一騒動あったばかりなので、近代以後の諸価値も“近代教”に回収されることを失念していたことを恥じる。

 また富野教や平井教に“通過儀礼の熱狂”がなかったというのも冷静に振り返れば嘘になる。
 たしかにそこには“青春の熱狂”があったように思う。ただ富野や平井はそれを(作品人気以外に)利用しないでおいてくれたのだ。そこに敬意と感謝をもつべきであった。

 また金持ちのぼんぼんがどうのという話は東京あるいは首都圏というイナカの話であって誤解を招いたかもしれない。ぼんぼん道楽の一部大衆化の背景には大人たちの商業的戦略があったことも書き忘れていた。

 どうやら相当動揺していたらしい。普段以上にヘンテコな文章になってしまっているが、その動揺ぶりをふくめて、あまり手を入れないでおこうと思う。


*2015年10月27日 生頼範義氏がお亡くなりになりました。

平井作品の多くの表紙、挿絵を担当した画家でした。
情念とダイナミズムの作家平井の作風をもっともうまく表現してくれたひとでした。
画集を買うくらいファンだった。無謀にも模写しようとして挫折したのはいまとなっては苦笑ものの思い出です。

ご冥福をお祈りします。

まいった。こうして先人たちをお見送りして歳をとっていく。俺はまだコドモだというのに。

●2017/05/12 追記
 俺にとり“平井和正”とは何者だったのか。

 ニュータイプという言葉は開かている、と書いた。フィクションのなかで完結していないと。

 平井和正の諸作品もそうしたところがある。「狼の時代」だろうと「幻魔の時代」だろうとフィクションのなかでは完結させない。
 「狼の時代」の平井和正は狼のノービリティを信じていたし「幻魔の時代」の平井和正は幻魔の存在を信じていた。

 俺はどうだったろうか。たしかに強い影響を受けた。しかし信じるところまではいかなかった。
 それは平井和正が“揺れる”作家だったからだ。そのときそのときで“凝っている”思想が変化するのである。思想遍歴といっていい。
 俺が興味をもったのは、そのときそのときの思想ではなくて、遍歴する、せざるを得ない、“人間”のかれの方だった。

 平井和正は60年安保闘争に挫折した男だ。純文学志向で大江健三郎のファンでもあったが、かれのヒューマニズムについていけず勝手に絶縁状を書いた男でもある。
 そんな平井を救済したのがSFであった。もちろんこの場合のSFとは日本SF第一世代のそれであって、第二世代以降のそれではない。
 かれはSFで「人類」という概念に出逢った。体制反体制問わず、人間がもつ加害性を、「人類」というレベルで理解することができるようになった。

 平井和正は“あらかじめ世界を奪われた”男だった。
 星新一の非政治性や小松左京の学際的世界像に触れ尊敬と憧憬を持ちながら、それでも“世界”を探し続けなければならなかった。かれの思想遍歴はインテリのそれではなく、もっと根深いもの……幼児のそれであった。

 俺が平井和正に惹かれた理由はさまざまだが、迷子の幼児のような必死さで“世界”を求める姿勢に胸を打たれた。
 その思想遍歴のなかにあって、かれはその都度その都度、つねに真剣に読者たちに語りかけてきた。まるで“世界の真実”をついに見つけたかのように。

 俺はそんなかれが好きだった。

 かれの思想遍歴の途中で別れを告げることになったのは、だから寂しいものがあった。
 「疲弊」というよりも「衰弱」としか言いようのないかれなど、見たくもなかった。

 平井和正の逝去は悲しいものだったが、「お疲れ様」という気持ちの方が強かった。衰退し老いた姿が忍びなかったからだ。

 例えばこれが手塚治虫や出崎統になると違う。かれらには「お疲れ様」と言う気になれない。
 いまだ死を認められず、どこかで新作を待ち望んでいる俺がいる。かれらとは不思議とどこかで巡り会える気がする。

 富野由悠季はどうだろうか。
 かれは奇跡の爺さまである。老いてなお処女作の熱気をもった作品をつくってしまう爺さまである。長生きしてほしい。
 かりにその日がきたとしても「お疲れ様」という気にはならないだろう。
 手塚治虫や出崎統のときと同じような気持ちになるに違いない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/48-29505490

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん