ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダムΖΖ』について

 俺にとり『機動戦士ガンダムΖΖ』は、なにかこう、救われたような気持ちになった作品である。

 秋元康作詞のOPソングがまずいい。主題を歌うテーマソングではなく、世界観を歌う歌謡曲になっているところがいい。その世界観が魅力的だった。それだけで作品になっていた。

 アニメじゃない♪と歌いながら、しょせんアニメでしょ、という本編の開き直ったような明るい作風が好きだった。

 しょせんアニメでしょ、という開き直りは、『戦闘メカザブングル』にもあったメタ視線であり、メタ視線という点ではロボットアニメを批評的にズラした『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』にも通底した姿勢といえる。
 『ΖΖ』がズラしたのは「ロボットアニメ」ではなく「ガンダム」なわけで、一部で反発があったことも想像できるが、かならずしもガンダムファンというわけではない俺には、逆にスカッとした。「なーにがガンダムよ」という作品の“気分”がよかった。

 シリアスな作品のあとはコミカルな作品、という富野の当時のリズムもあっただろうし、俺のみるところでは「前に出る出ない」を繰り返すリズムもあったようで、今作はコミカルでかつ遠藤明範をはじめとする若いスタッフたちが「前に出た」作品であったと思っている。(終盤になるにつれ次第に富野色が色濃くなるのだが)
 前作『機動戦士Ζガンダム』が富野の野心的な企画と若いスタッフたちとの間に齟齬を生んでいたのとは逆に、今作は若いスタッフたちの方に軸足をおいた拙いながらもすっきり観やすい作品になっていたところも好感がもてた。

 歴戦の古強者ヤザンがオンボロ・ロボに乗り、素人主人公が先鋭ロボに乗って、なんとか戦える、という構図は「スケールダウン問題」に対するひとつの回答のように思えて感心した。
 ジュドーとヤザン、不良少年と大人の本物のワルとの緊張感も印象に残った。前作との雰囲気の違いを気にしなければ、『ΖΖ』は序盤から楽しめる。
 
 主人公ジュドー・アーシタは「わけあって不良やってるいい奴」である。そこが俺の琴線に触れた。アムロは私室をもち自分専用のメカ(ハロ)をもっていた。当時の日本の風景のなかではブルジョアである。アムロはそういう意味で俺にとり見上げるような社会階層のぼんぼんでそこにはある種の憧れがあった。あっさりいえば俺の友達にはいないタイプであった。
 ジュドーは違う。わけありで仲間とともにちょっとしたワルをして稼いでいる下町の不良少年である。憧れというより感情移入の対象であった。下町は俺の出身階層である。アムロやカミーユといったぼんぼんには見上げるような憧れがあったが、ジュドーとは同じ視線で友達になれそうな気がした。俺にとり今作が特別な理由のひとつだ。

 わけありというのは妹の学費を稼ぐためというものなのだが、かれが「保護者」であるという点も見逃せないだろう。状況に巻き込まれた「被害者」としての主人公の脆弱さよりも状況のなかに目的をもって突き進んでいく精強さが印象に残る。
 セイラから、ハマーンから、「保護者」としての責務から逃げてしまったシャアとは違うところで、だからこそあのラストにつながっていくのだろう。

 今作は前作よりスケールダウンしている。前作のグリプス戦役で疲弊しきっていて練度の低い若者たちの“戦争ごっこ”のていをなしている。
 そのなかでジュドーの仲間である素人のビーチャが艦長代理をやりモンドが百式に乗りエルがガンダムMk-IIに乗るという展開になる。しょせんアニメでしょ、という気安さがあって好きなノリだった。

 プルといういかにも「アニメ」「アニメ」したヒロインが登場し人気を博すのだが、彼女の無邪気さが作品に華を添えるとともに、ジュドーをめぐるリィナとの確執などは、少し生々しく、このあたりの感触はじゅうぶんに見応えがあった。
 プルの日常での微笑ましい場面と、戦場での過酷な場面は、いま観ても色褪せることはないだろう。

 キャラ・スーンという敵役の女性が登場するのだが、アーガマの捕虜になってなぜか洗濯当番をやらされて不平不満をこぼす場面が可笑しかった。そういうコメディチックな登場人物が次第にシフトしていくリアリティレベルのなかで戦死するのは悲しかった。俺には彼女の戦死は余計に思えた。(遠藤小説版では死なない)

 補給ドック艦ラビアンローズの艦長代理エマリーがブライトに気があるらしく、かれが動揺する展開も楽しかった。
 そういう楽しさを次第に色濃くなっていく富野色が台無しにするのが、もったいないといえばもったいなかった。

 もったいないというのは、サラサ・ムーン、ラサラ・ムーンという双子の美少女が登場するなど、のちの90年代アニメを先取りしたような「アニメ」「アニメ」した楽しさが横溢した作品だったからである。90年代を「アカホリの時代」と書いたことがあるが、スタッフの世代的にも、それを先取りしていたといえるだろう。ビジネスとして成立させる環境としては早すぎた作品といえる。
 前半のノリでじゅうぶん成立した楽しい作品なのだ。

 とはいえプルの悲劇など、後半の富野色がなければ整合性がとれなかったことも事実ではある。
 しょせんアニメでしょ、というノリの、「なーにがガンダムよ」という“気分”に徹してくれた作風の方がラディカルで興味深かったのだが、こればかりは仕方なかったのだろう。
 ガンダムの重力に引っ張られてズラしきれなかった未練もあるし、後半のしっかりガンダムしている展開を楽しがっている自分もいる。複雑だ。

 唐突に挿入され少々不自然なのだが、回復したカミーユがファと戯れる場面があり、それがなにより嬉しかった。これが富野のお土産だとした未練もたちきれる。
 カミーユの回復が、今作の陽性がもたらした前作の陰鬱からの解放だとしたら、今作における前半と後半のネジレも許せるというものだ。

 少なくとも俺にとっても『ΖΖ』は『Ζ』のトラウマからの解放であり、救いになった作品でもあった。
スポンサーサイト

コメント

良い気分のところを

 水を指すようなのでなかなか書けなかったのですが、自分としてこの作品はむしろフラストレーションがあった作品でした。

 一言で云うなら「ジュドーの身の丈」にドラマの方が合わせるという意味で、いくらジュドーが「大人なんて」を叫ぼうとそれを受け止めるに相応しい相手がどこにもいない。

 (だから最後にはブライトが買って出ざるを得ないのだが、あくまでも「代理」に過ぎない。)

 おそらくそれは最後にシャアがやるべきだったんでしょうが。

 その意味ではやはり最後はカミーユこそがやるべきだったんでしょうが、その時は逆に殴り返したかも。

Re: 良い気分のところを

 コメント、ありがとうございます。

 いえいえどうぞご遠慮なさらずご意見くださいませ。勉強させてください。

>  一言で云うなら「ジュドーの身の丈」にドラマの方が合わせるという意味で、いくらジュドーが「大人なんて」を叫ぼうとそれを受け止めるに相応しい相手がどこにもいない。

 そうですね。そこはその通りだと思います。ブライトは気の毒でした。「ジュドーの身の丈」に合った「しょうもない大人」を用意すべきだったのでしょう。連邦政府にいくらでもいそうですからね。

というか

 ジュドーの軽蔑に相応しい大人しか出さない出てこないという感じなんですよね。

 あのハマーンですら、自分からジュドーのペースとサイズに合わせてしまっている感じだし。

 だからアムロやカミーユのような成長や超克のドラマが全く感じられないわけで。

Re: というか

 コメント、ありがとうございます。

>  ジュドーの軽蔑に相応しい大人しか出さない出てこないという感じなんですよね。

 ああ、なるほどー、そこで俺とJINさんとの「ジュドー観」が違ってきているんだなー。
 俺の場合「大人なんて」というジュドーの「大人」の意味が序盤と終盤では違ってきていると感じるのがひとつ。個人的反発から、下らない状況をつくりだす者への反発へと。妹の不在、それにも関わらず戦いに身を投じることによって動機に変化が生まれたと取りました。そこに「成長」をみるわけです。
 あと「軽蔑」という取り方はとってないのがひとつ。 「反発」という取り方です。対象への愛が残っているんですね。だからハマーンと。
 このあたりは少年マンガ的不良少年の系譜で、アムロやカミーユとは別人種と捉えるしかないと思います。

あと

 自分が釈然としないのは、ジュドーたちの戦う動機や理由が極めて弱いという点。

 彼らは別にアムロやカミーユのように、それまでいた場所を失ったわけでも追い立てられたわけでもない。

 どうせなら金目当ての傭兵だという方がまだ説得力があるくらいに。

 (もちろん「リィナの奪還」が途中から入るが、どちらといえば弱い動機をフォローするための後付にも見える。)


 そういう意味で、そうした「居場所作り」のドラマがあったのはむしろプルで、少なくとも彼女が出ている間は彼女が主役だったいっても過言でないくらい。

 そしてそうした「主役代わりの少女」というポジションは、後のクェスに引き継がれた感じも。

Re: あと

 コメント、ありがとうございます。

>  自分が釈然としないのは、ジュドーたちの戦う動機や理由が極めて弱いという点。

 シリアスな作品としてみると、本当にそうなんですよね。
 ただそのノリから逆に今作はシリアスな作品ではないんだなと俺などは判断しました。
 シリアスな「戦争もの」というより明朗快活な「冒険もの」として観ていました。ろくでもない不良少年たちのノリが好きでしたね。微苦笑しながら共感するところもありました。

>  そういう意味で、そうした「居場所作り」のドラマがあったのはむしろプルで、少なくとも彼女が出ている間は彼女が主役だったいっても過言でないくらい。

 プルは確かに助演というより主演のひとりですね。
 プルは前半のノリと後半のノリの蝶番になったキャラクターで、プルが登場してから面白さがぐんと増したように思います。

完全に

 独立した作品だったならファンの拘りも無かったんでしょうけどね。

 あいにくとそのシリアスの最たる『Z』の後をそのまま多くの設定ごと継ぐ形になってしまった事が「木に竹を接ぐ」かのような感じになってしまってるわけで。


 実写特撮の『超神ビビューン』もそういった感じの作品ですが、メンバーの刷新など、1話の時点で完全に引継ぎを完了させてしまっているのが違いますが。

Re: 完全に

 コメント、ありがとうございます。

>  あいにくとそのシリアスの最たる『Z』の後をそのまま多くの設定ごと継ぐ形になってしまった事が「木に竹を接ぐ」かのような感じになってしまってるわけで。

 確かにそこが今作の最大の問題なんですね。
 悲劇の直後の直接的続編ですからね。「ふざけているのか~」になるますわな。

 前作との「接ぎ木」に関しては、必ずしも「成功」しているわけではありませんが、そこに工夫が施されていて、むちゃ振りされた若いスタッフたちの苦労も想像できて、今作を愛すべき作品にしていると俺などは評価しています。
 俺にとり『ΖΖ』序盤というのは、後の旧『エヴァ』の最終二話みたいなちゃぶ台返しで、「しょせんアニメなんだよ」というメッセージと受け取りました。『Ζ』のシリアスさは『ΖΖ』のおちゃらけで中和できたと感じています。

 後半がああなるのなら、序盤もあれぐらいのシリアスさで描いた方がもっとよかったのは確かですが。

>  実写特撮の『超神ビビューン』もそういった感じの作品ですが、メンバーの刷新など、1話の時点で完全に引継ぎを完了させてしまっているのが違いますが。

 『超神ビビューン』は観てないです。「もっとうまくやった」作品があったのですね。それは不満が溜まろうというものです。

後半のシリアス化は

 まさに一種の挫折ですよね。

 富野監督によれば「カミーユの重さに展開が引っ張られた」「カミーユのリアリティをジュドーが突破できなかった」そうですが。

 BGMについても、後半はシリアス対応の追加収録が行われず、『Z』からの大量流用で補われたのもそうした「不完全な『Z』復帰」の印象を強めている感ですが。

 (また演じた矢尾氏によれば「ジュドーは演技的に藤原忍のエピゴーネンでしかない」との否定的発言も。)


 また途中で『逆襲』の制作が決まり、富野監督のウェイトもそちらに移ってしまったことも、本作を単なる「状況整理」にしてしまった感も。

Re: 後半のシリアス化は

 コメント、ありがとうございます。

 まったく知らない情報ばかりで、たいへん勉強になります。

>  まさに一種の挫折ですよね。

 「ああ、やっぱり“挫折”だったのか」と胸落ちしているところです。
 後半の「いつものガンダム」化は、『ΖΖ』の(「ガンダム」としての)革新性に比べて、野心が感じられず残念に思うところもあったんですね。
 どうせなら前半のノリでイケば“「ガンダム」の幅”を広げることができたのになーと。
 とはいえ『ΖΖ』後半のノリは初代返りしたようなバランスになったこともあって嫌いじゃないんですよ。

>  富野監督によれば「カミーユの重さに展開が引っ張られた」「カミーユのリアリティをジュドーが突破できなかった」そうですが。

 というのも初耳で面白いですね。カミーユの悲劇は重いですからね、今作で扱うには荷が重すぎたんでしょう。

 『ΖΖ』以降、富野がコメディタッチな作品をつくらなくなったのも、今作の挫折がきいているのかな、と考えると納得がいくような気がします。

コメディタッチの

 富野作品となれば、なんといっても『キングゲイナー』。

 とにかくあのオープニングだけで「やられた!」という感じで。
 

Re: コメディタッチの

 コメント、ありがとうございます。

 『キングゲイナー』最高ですよね!

>  とにかくあのオープニングだけで「やられた!」という感じで。

 いやまったく(笑)。

本来あったはずの

テーマの完結として自分が感じたのは、ジュドーと同じ矢尾一樹氏が主役を演じた『メガゾーン23PARTⅡ』でしたね。

虚構に満ちた世界の中、まさにジュドーと同じく「大人なんて」を繰り返す、主人公が最後に言う「子供の頃に憧れたような大人なんて実際にはいやしない」に対し、最後に返される「それなら貴方がそういう大人になればいい」。

もしもこういう展開があったならば自分の見方も変わっていたかもですが。

Re: 本来あったはずの

 コメント、ありがとうございます。

 『メガゾーン23』、観たような観てないような、曖昧な記憶しかありません。すみません。
 しかし面白そうですね。機会があれば視聴したいと思います。

 『ΖΖ』の場合、大人といってもブライトたちですから、ジュドーも「ブライトのような大人」になれれば上出来、といったところでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/62-7c55feb6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (10)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。