ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野はなぜ「女王」の夢をみるのか

 『F91』以後、富野は「女王」に取り憑かれてきた。

 『F91』では、ヒロイン・セシリーは敵役組織に「女王」になるように要請される。
 『V』では、敵役組織にマリアという「女王」が出てくる。ヒロイン・シャクティは彼女の娘である。
 『∀』では、対立組織にディアナという「女王」が出てくる。ヒロイン・キエルはディアナと入れ替わりに「女王」になる。
 『G-レコ』もまた、ヒロイン・アイーダが「女王」になるという。

 お気づきのように、『F91』『V』と、『∀』の間には断絶がある。
 『F91』『V』では「敵役組織」のシンボルだが、『∀』では「対立組織」のシンボルだ。『F91』『V』では女王は否定されるが、『∀』では女王は肯定される。『∀』では、『F91』で否定された貴族主義や、『V』で否定された母なるものの人類の去勢が肯定されていると考えていいだろう。『F91』『V』まではかろうじて繋がっていた「現実」(戦後民主主義を是とする現代日本)と完全に切れてしまっているのである。
 20世紀に書かれた旧小説『リーンの翼』では戦後日本の肯定で終わる。しかし21世紀に書かれた『リーンの翼』では近代化を肯定しつつも現代日本を否定してみせる。それがなぜなのか、ではどうすればいいのか、書かれていない。断絶があるだけである。ただ戦後日本を肯定した迫水は21世紀に蘇って現代日本を攻撃する。
 明治の近代化(西洋化)を肯定しつつも昭和の帝国主義(西洋化)を否定してみせた司馬遼太郎はその断絶を言葉にできなかったという。おおかたの日本人もそうだろう。俺も同じだ。ただ「戦後民主主義」という神話によってしか敗戦国が戦後世界秩序を受け入れることができなかったということだ。言葉を失うほかないではないか。だからこそガンダムは「戦後民主主義」という神話のうえで語り継がれたのである。腐敗し堕落した「現実」であってもしぶしぶ守ってきたのだ。
 しかし『∀』という20世紀の終わりに語られたガンダムは「戦後民主主義」という神話から完全に自由だ。そこに現代日本との繋がりはない。20世紀の終わりにガンダムはファンタジーになり、21世紀にバイストン・ウェルは「現実」に反攻する。

 『G-レコ』はどうだろうか。
 『G-レコ』に至ってガンダムはもう一度「現実」を取り戻す
 しかしその「現実」は、“うまくいっている”未来世界にとっての敵になる。「現実」から自由になった『∀』、「現実」に反攻した『リーンの翼』を越えて、ついに富野は「現実」の諸問題を(一応は)解決した世界を手に入れたのだ。
 “うまくいっている”未来世界もまたユートピアとは程遠い欺瞞に満ちた不完全な世界として描かれるが、それでも主人公たちは守るべき価値をもったものとして戦う。その構図は「かつてのガンダム」における「「腐敗し堕落した現実」(戦後日本)であっても守らなければならない」という点で似ている。違うのは「現実」を守る側から、「現実」の陰画である「脱・現実」を守る側に立っている点だ。
 富野はついに「現実」を、「現代日本」を、いや「現代文明」を根本から批判する言葉を手に入れたと言っていいだろう。
 そこに老人の諦観と、孫をもつ爺やとしてのあがきもある。「Gの閃光」がそれだ。
 レコンギスタとは「現実」を取り戻そうする戦いにほかならないだろう。しかしその「現実」は大量消費やイノベーションによる人間疎外という悪夢をも蘇らせてしまう。それを阻止しようとする勢力が一方にありながら、両者の不毛な戦いを阻止しようとするのがベルリだ。「現実」をも「脱・現実」をも越える正当性はあるのだろうか。諦観を越えた爺やの祈りは“孫”に届くのだろうか。

 富野が現代文明への諦観の果てに見出したのは、進歩を否定し停滞を肯定する世界だ。啓蒙を否定し無知を肯定する世界だ。開放を否定し自足を肯定する世界だ。
 こうなると「富野とニューエイジ」という主題もありそうだが、カウンターカルチャーの挫折のあとに流れ着いた反文明論ではないし、有閑階級の趣味にとどまる脱文明志向でもない。富野のそれはそんな甘ったるいものではない。
 『G-レコ』で描かれているのは、 「こうすればよくなる」「ああすれば救われる」といった“いい気な”文明論ではない。

 それは祈りだ。老人の諦観がそれを越えて“孫”に届ける祈りだ。
 ファンタジーを越えた、祈りの神話だ。 
 その神話はまだ語り尽くされていない。
 ある少女が「女王」になるまで。

 なぜ「女王」なのか。
 かろうじて「現実(戦後民主主義)」によって否定される「女王」を描き、「現実」から切り離されたファンタジーのなかで理想的な「聖なる女王」を描いてみせた富野が、なぜそれだけでは満足できないのか。
 なぜ『G-レコ』という画期になった作品にも関わらず、「女王」というモチーフだけは引きずっているのか。

 それは富野が“「文明」というものがもつ危うさ”を男性原理とみなしているからではないだろうか。
 “「文明」に疲れた”人類を癒やすのが女性原理だとみなしているからではないだろうか。

 『G-レコ』という富野の文明批評が根本的になった作品にこそ、「女王」が必要だったのではないだろうか。いままでの「女王」はそのための模索だったのではないだろうか。

 ベラ・ロナもマリアもディアナも、世界の一部勢力の「女王」だった。
 アイーダが「女王」になるということはそうした一部勢力のシンボルになるということなのだろうか。もう一度『∀』の「聖なる女王の話」を描くのだろうか。
 それとも世界そのものを象徴する「女王」を描くのだろうか。

 “「文明」に疲れた”世界に、“元気”を取り戻すのが女性の復元力だとしたら、「女王」とはその象徴でなければならないだろう。
 世界の生命であるアニマ・ムンディを宿したレギナ・ムンディこそ、富野が模索し描きたかった「女王」なのではないだろうか。
 
 富野が取り憑かれてきた「女王」は、アイーダによって顕現するのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

私自身は世界は不安定と理解します

前略 大塩です。
 久しぶりに貴方の記事を元に書いてみました。お読み戴ければ幸いで。草々

「女王」といえば

ブレンパワードも欠かせませんね。

「クィンシィ」という名もそうですし、ノヴィス・ノアも二代続けて女性艦長だし。

Re: 「女王」といえば

 コメント、ありがとうございます。

 『ブレンパワード』いいですよね~。

 ブレンパワードから女性原理への傾倒が見えますよね。
 あの素晴らしいOP、EDが象徴的でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/66-19bd2e73

[3489]映画版『Gのレコンギスタ』で私が期待する問い

 ドイツの科学者の伝記を読み始める前、戦後民主主義への明確な疑義は押井守のパト映画と、 ケルベロスシリーズで知ったと思う。後者で実際に観たのは『 人狼 JIN-ROH 』だけだけど、 確かパンフで(恐らく60年)安保闘争までは日本社会は変わり得る時期だったと読んだ覚え。だから、 押井は「もう一つの過去」にケルベロスを運用させたが、私にとっての「確からしさ」は不明でした。 ...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。