ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジオンは戦中日本であるという説がやっと胸落ちした

[3489]映画版『Gのレコンギスタ』で私が期待する問い
 を読ませて頂きました。

 いい勉強になりました。
 いろいろと示唆されるところがありました。

 ワイマール共和政のドイツと「戦後日本」の状況は互いに入れ替え可能というのも面白い見かただと思いましました。欧州にとって第一次大戦のトラウマは大きいんですよね。あれが最後の「大戦」だと思った。大戦後の恒久平和というものをどこか本気で模索していた節がありますし(そこをヒトラーに突かれるわけですが)、その点で、第一次大戦の「戦後欧州」と、第二次大戦の「戦後日本」がダブります。

 

つまり「戦後民主主義」は連合国からの贈物で、米国の懺悔の証で、「ナチス体制」を回避して欲しいという欧州からの祈りの言葉と理解できたのです。


 というのは美しい言霊だと思いました。

 シオニズムと日本の西洋化の道程を重ねあわせるという視点も新鮮でした。国家の夢を語る時代はよいが、実際に国家運営を始めると悲劇がおこる、という点で、なるほどキレイに説明がつきます。素晴らしい。ジオンはナチスではなく戦中日本なわけですね。

 メスが王になるためには「悲劇」が必要というのは重い認識です……
 「王になる」には通過儀礼が必要でしょうから、アイーダはあるいはその「悲劇」を乗り越えることが通過儀礼になるのかもしれません。



 民主主義については俺には手に余る話題です。ただ民主主義がナチスを生んだことも確かなわけで、戦前戦中一貫して日本が民主主義国家であったことなどを考えると、全体主義を抑止できる政治制度は存在しないのではないか、と俺などは考えてしまいます。
 戦後日本がそれなりにうまくまわったのは経済的復興に成功したからではないでしょうか。衣食足りて礼節を知るではありませんが、経済的繁栄のなかに反体制の若者たちも埋もれていきました。
 ただそこにオウム事件がおこった。虚構と現実がフラットになったという点では「現実」が押井守的世界観に追いついたと言っていいでしょう。経済的繁栄も民主主義も宗教過激派による無差別テロを抑止できないことが判明したことも衝撃的でした。

 戦後復興は間違いなく日本人の努力の賜物ですが、同時に幸運に恵まれていたことも確かですね。朝鮮戦争による特需や、合衆国の巨大市場などに助けられました。GHQによる農地開放、財閥解体などを含めて、戦後復興は「何もかもアメリカ様のおかげ」という側面があります。一日本人としては癪ですがw。戦後日本とはニューディーラーたちの実験国家といえるかもしれません。
 戦後日本は一応は「成功」したと言っていいでしょう。第二次大戦では敗北しましたが、冷戦では勝利しました。ジオンが「戦中日本」なら初代『機動戦士ガンダム』はそれと戦う「戦後日本」の物語ということになります。旧小説『リーンの翼』が戦中日本への徹底的な批判をしつつ戦後日本を肯定して終わるのも同じことだったのでしょう。そういう意味ではやはり初代ガンダムもまた「富野の作家性が根底にある」と確信できます。

 「冷戦の勝ち組」の右傾化が深刻な問題になっています。グローバリゼーションによって貧窮する層が増えれば増えるほどこの勢力は衰えることを知らないでしょう。
 「冷戦の勝ち組」は“平和ボケ”ならぬ“経済ボケ”をしてしまったのでしょうね。資本主義が正しいと思うあまり、雇用の流動化や中産階級の没落、格差の拡大など、国民生活を蹂躙してしまいました。

 自由主義に封じられていたランドパワーの逆襲も始まっています。現代世界で常に勝ち組だったシーパワーは、「冷戦の勝ち組」に罹患した“経済ボケ”のため、地政学すら忘れ、彼らの思うようにされています。
 戦後世界秩序の崩壊どころか、現代世界の崩壊を目の当たりにしているのかもしれません。

 日本は非常に危機的状況におかれています。戦後世界秩序は実質的に崩壊すると思いますが、ロシアや中共などは「第二次大戦の勝ち組」というアドバンテージを捨てないでしょう。一方「冷戦の勝ち組」には大したアドバンテージはありません。“経済ボケ”のなか自由主義をドブに捨てたからです。
 日本は国家としての正当性を奪われることになります。果たして「戦後民主主義」はそれを担保してくれるでしょうか。巨大な悲劇のあとの希望として。

 「君は生き延びることができるか?」という問いはいまこそ必要なのかもしれません。
 ガンダムの文脈でいえば、小さな生活者を守ること、それだけが、正当性を担保してくれるはずなのですから。
スポンサーサイト

コメント

丁寧な応答、感謝します

前略 大塩です。

 私の反応に対する一つひとつのご回答、誠に感謝。今回は貴方が論理が曖昧と思われた部分を詳述したつもりで。結局司馬遼太郎の限界は、日本の情報と知見だけで、日本を理解しようとしたためと推察でき。

 また私自身は「全体主義を抑止できる政治制度は存在しない」という断言に至りました。民主主義というのは市民の常の努力により、辛うじて成立する形式と私は結論。だから一人の横暴によって転覆する危険が常にあると。草々

Re: 丁寧な応答、感謝します

コメント、ありがとうございます。

とても勉強になりました。
ここ数年ろくに頭を使ってないので、いい感じで頭が刺激されて気持ちよかったですw。

ワイマール憲法下からヒトラーが踊り出てくるのはストーリーとしてわかりやすいんですよね。さすがドイツというかw、理屈が通っている。だから新憲法ではヒトラー対策の工夫もできる。
しかし明治政府が愚劣な昭和の軍部の暴走に巻き込まれるのはストーリーとしてわかりづらいんだと思います。さすが日本というかw。だから憲法で軍部の暴走を止める自信が持てない。で、九条と。

俺個人は改憲論者なんですが、解釈改憲でずるずるいく方が危険だと思っているからです。国家という猛犬にはめる首輪としての憲法の意味がないですから。国家という猛犬に引っ張られるままずるずる引きすられるようなもので。

司馬遼太郎が生きていたら、いまの日本を見てなんて言うかなー、とたまに想像します。

自分で宿題にした記事、やっと書きました

前略 大塩です。

 時間を置いたので簡潔に失敗した文章になりました。でも貴方の記事とコメントを読み、返答できる範囲は殆ど網羅出来たつもりで。御読み頂ければ、光栄の至り。草々

Re: 自分で宿題にした記事、やっと書きました

わざわざありがとうございます。

さっそく拝読させていただきました。
コメントはそちらに書き込ませていただきました。

俺とはまったく違う視点、発想なので、たいへん刺激になりました。
自分のあまりの無知を思い知り、もっと勉強しなきゃなーとあらためて思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/67-22e02f82

[3501]ワイマール共和政とガンダムで考える、民主政治の限界

[3489]映画版『Gのレコンギスタ』で私が期待する問い  私が確か『評伝 アインシュタイン』からドイツの科学者の伝記を読み、所謂戦間期のドイツの、 政治の混乱と経済の破綻に驚きました。高校の教科書で見た山積みの札束の傍らで佇む男の写真は、 ハイパーインフレの時のドイツの状況と理解。しかし前回も言及しましたが当時のドイツは、 ワイマール憲法という日本国憲法...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。