ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について 「自分の枷」から解き放たれることはあるのだろうか。

 世代などで縛られる「自分の枷」を取っ払うのは困難だ。
 今回、『逆襲のシャア』について書いていてつくづく思った。

 初代世代の“俺”にとって「ガンダムの続編」は許せない、というのがそもそも「枷」だ。しかもその「ガンダムの続編」というのが疲弊期の富野らしくカタルシスのない戦闘と陳腐な悲劇を描くものだったのだからなおさらである。『ΖΖ』の“新風”がどれだけ新鮮に映ったかということでもある。

 だから『Ζガンダム』は複雑な思いをもった作品である。『Ζ』を中和したとでもいうべき『ΖΖ』の方がよっぽど好感がもてる。

 シャアが生き延びている、というのが初代世代の俺にとっては、失望を感じさせるものだった。
 初代ラストでせっかく格好良くキメたのに「それはないよ」と思った。親友を謀殺した卑劣漢の最期の言葉がその親友への手向けだというのがカッコよかったのだ。それがのうのうと生きているのだからガッカリだ。これも初代世代である「俺の枷」なのだろう。

 『ΖΖ』を気に入っているひとつは、この作品では比較的「俺の枷」に縛られないで済む、ということもあげられるかもしれない。「なーにがガンダムよ」という気分が「ガンダムはシリアスでなければならない」という呪縛を解き放っていた。初代は子供番組だったのだ。ガンダムはもっと気軽なエンタメであっていいはずなのである。
 若いスタッフに任せたところがあったせいか、疲弊期の富野作品では珍しく、繰り返される陳腐な悲劇を描かなかったのが気に入っている。(終盤富野色が濃くなって台無しになるわけだが)

 『逆襲のシャア』に『Ζガンダム』の要素(地球連邦政府への絶望、忌まわしい記憶をもったアクシズ)を入れたのは、失敗だったと思う。たださえ続編映画であるがゆえに不分明な作品である。初代の要素ばかりか『Ζ』まで入れては観客は置いてけぼりだ。
 このあたりに苛つくのも「俺の枷」だろう。

 『逆襲のシャア』を制作するのであれば、『Ζ』『ΖΖ』という作品はいらなかったのではないか、という思いがある。
 アムロとシャアの因縁をもっとララァに集約させ、ふたりの男の確執をもっと前面に出した方が、続編映画の要素を軽減できたような気がする。
 これも初代世代の「俺の枷」なのかもしれない。

 俺は「自分の枷」からどう抜け出していいのかわからない。
 いや評論家ではないのだし、求道者のごとき本格アニメファンではないので、それはそれでいいのかもしれない。
 当Blogは、こんなバカなやつもいましたよ、という証言のひとつであるからだ。

 しかし俺は悔しい。尊敬する諸先輩方やアニメファンたちが、『逆襲のシャア』を絶賛しているのに、俺にはさっぱりわからないからだ。
スポンサーサイト

コメント

その御意見は

 まさに富野監督自身の存念その物にも思えますね。

 元々この作品は「ガンダムの映画を作ろう」という、商業的要請から始まったわけで、まさにそれ以上でも以下でもない。

 その中では「アムロとシャアの決着」も、いわば「大方のファンが喜びそうな出し物」として選ばれたに過ぎないわけで、『Z』を経た自分としては、今更ながらの「思い出し恨み」めいたシャアには『ZZ』でのハマーンにも通じる「矮小化」の観が否めない。
 
 そして一番重要なのは、富野監督自身がそれら全てを承知の上での「確信犯」として、この映画を作っているという事であり、それら全てに対する複雑な心境が感じられるという点ではないかという点ですね。
 

Re: その御意見は

 コメント、ありがとうございます。

 なるほど、富野は「確信犯」だったわけですか。
 だとしたらキツい仕事だったろうなと惻隠の情を覚えます。

 俺は『ハイ・ストリーマー』が好きで、「すべてのテロ犯行の裏にはもしかしてシャアが」「いやシャアは死んだはずだ」といったサスペンスドラマが富野小説に新味を与えていて、期待が大きかったんですよね。
 「あ。富野さん、新しいことをはじめたな」と好感を持って読んでいたので、“いつもの富野”でしかない『逆シャア』に収束してしまったのは本当に残念でした。

 『逆シャア』に富野の屈託を見出すとすれば、「これでは道化だよ」「私は阿漕なことをやっている」というシャアにこそそれが現れていると考えてもいいのかもしれませんね。

『Z』が画期的だと思ったのは

 シロッコやハマーンのような、強烈なキャラを新たに出す事によって、「ガンダムはシャアだけではない」という世界観の拡大だったんですよね。

 そして同時に、それらを全てをも個人的な「風景」という形に収束させてしまう、カミーユという究極キャラがいるわけで、その辺りについては小説版が明確。

 この辺りの「広さ」「大きさ」を一度体験してしまうと、他の作品が著しく平板に見えてしまうんですよね。

 それこそ「なんでいまさらシャアとアムロなんだ」ってくらいに。

 「百花混迷」のきらいは確かにありますが。

Re: 『Z』が画期的だと思ったのは

 コメント、ありがとうございます。

 「世界観の拡大」というのは仰るとおりで、『Ζ』がなければ、ガンダムシリーズは初代の世界観の縮小再生産になってしまったでしょうね。
 宇宙世紀やモビルスーツの魅力は俺にはピンと来ませんが、『Ζ』による「世界観の拡大」がなければ、それらがいまにいたるも人気を博すことはなかったと思います。

 『Ζ』において作品の都合上アムロやシャアは“最強”ではいられないんですね。チートすぎて。だったら最初から登場させるべきではなかったと思っています。無理に登場させると矮小化してしまうんですね。

 俺の場合『Ζ』には最初から「カミーユの物語」を期待していたのでシャアが邪魔者に感じました。強さにおいても正しさにおいても中途半端なシャアのおかげでカミーユの立ち位置が判りにくくなっているのが気になりましたね。

ある意味では

 反面教師なんですよね。

 年令としては若いが、ある意味では「父性」の象徴でもある。

 (バランスとしては、後の「スターウォーズ」におけるアナキンとオビワンの関係に近いか。)

 だから「母性」であるレコアの件において「あんたがそんなだから!」と怒りもぶつける。

 もし小説版でレコアが中途退場していなければ、それこそ「母を奪った男」である、シロッコへの怒りも明確になったはずだけにそこが残念と。

Re: ある意味では

 コメント、ありがとうございます。

 なるほど。「反面教師」や「父性」という側面もあったということですか。そうであればあの描き方で正しかったということかもしれませんね。
 だとしてもその役は新キャラでもよかったのになーという思いもあります。レコアだって新キャラなわけだし。

 レコアはカミーユに母性を見出されるのをひどく嫌っていましたね。彼女もまた「子」より「男」を選ぶタイプにみえます。ファはじめ『Ζ』はわりとそんなヒロインばかりですね。

 『Ζ』は「カミーユの物語」として魅力的なだけに、俺の場合シャアのくだりが余計に感じてしまうんですね。まぁ俺の見かたの方が「間違っている」わけですが(笑)。

初代ファンからすれば

 むしろ「シャアになんでそんな役をやらせるのか」だったかもですね。

 ただし富野監督の場合、あくまでも新キャラが優先であり、旧キャラはそのために消費される傾向が強い。

 ある意味では「嫌なら続編など作らせるな」という意味も込められてるんでしょうが、最近の続編作品ではむしろ「人気の旧キャラのために新キャラを消費する」傾向が強いだけに、それとの対比も尚更と。

Re: 初代ファンからすれば

コメント、ありがとうございます。

 >むしろ「シャアになんでそんな役をやらせるのか」だったかもですね。

 ああ、それもありますね~。

 俺の場合シャア・プロット自体が邪魔に感じたんですね。。
 例えるなら『キングゲイナー』でゲイン・プロットが重みを持ちすぎていたら「いやそれはないだろ」という感じです。
 もちろん再三いうように俺の『Ζ』の見かたの方が「間違っている」んですが。

 初代から七年後のシャアやアムロが「情けない大人」になっているというのは意図的なものでしょうね。仰るとおり、富野の意地をそこに感じます。
 「最近の続編作品」って思い浮かないですね。富野ファン失格だな(笑)。

「監督はつらいよ」と当時から理解しました

前略 お久しぶりです。スニーカー文庫版のあとがきなどを読み、私にとって富野ガンダム(作品)は戯作者、作家、監督としての富野由悠季を考察する物語で。尤も鑑賞後の気分で駄作か今一つか傑作かの判断は出来るつもり。「逆襲のシャア」についてはリンク先を読んで下さい。草々

Re: 「監督はつらいよ」と当時から理解しました

 コメント、ありがとうございます。

 続編作品への中立的なお立場は羨ましいかぎりです。俺の場合こだわりがあって楽しみが半減してしまうんですね。
 ですから『逆シャア』も「ちょっとどうなの」という気分が抜けません。
 『逆シャア』が富野のガンダムファンへの最後のメッセージだったというのは気づきませんでした。
 俺には“いつもの富野”にみえたので、このあたりは宿題にさせてください。
 『Ζ』『ΖΖ』を挟んだおかげで「アムロとシャア」の物語は“風化”してしまったきらいがありました。
 そこにこの企画ですからね、まさに「監督はつらいよ」ですね。

アニメのために、いい映画を作ろうとしたのでは

前略 shiwasu5さん、ブログ記事として貴方の疑問に答えました。私にとっても「逆襲のシャア」は論じ甲斐のある「失敗作」です。草々

Re: アニメのために、いい映画を作ろうとしたのでは

 コメント、ありがとうございます。

 読ませていただきました。
 別エントリを立てましたのでご笑覧くだされば幸いです。

 しかし「失敗作」と言い切るのは珍しいような気がします(笑)。

感服しました

 いやあ。本当に心を洗われるとはこの事ですね。

 自分は初代を再放送から本格的に見て映画も見た世代ですが、本格的にハマったのはむしろ『Z』。

 いささか「百花騒乱」のきらいはあったにせよ、やはり初代以来のテーマの一つの完成という感じで。

 その意味で『ZZ』と同様に『逆襲』は「やり残し」の一つに過ぎないという感じすらするわけですが。

Re: 感服しました

 コメント、ありがとうございます。

 過分なお褒めをいただきまして、身に余る光栄です。

 どこをどうお褒めいただいたのか、ちょっとわかってないんですが(笑)。

 『Ζ』で“いくとこまでいって”しまった感は確かにありましたね。「本気の富野」の一作だと思います。
 『ΖΖ』はともかく、『逆襲のシャア』にも「本気の富野」を感じました。ただし映画作家としての側面で、ですね。後は「いつもの富野」で、ガッカリしたのを覚えています。

 「アムロとシャアの物語」を『Ζ』で中途半端に描いたのが『逆襲のシャア』の“失敗”の一因だったと思っています。シャアがラスボスになるなんて『Ζ』を経由してしまうとちょっと理解不能なんですね。
 俺としてはやはり『ハイ・ストリーマー』での新しい試みでみられた、アムロ・シャア・ブライトのパトスをじょじょに盛り上げるサスペンスドラマがオミットされたのが痛かった気がします。
 『Ζ』で“和解”を描いたのに、“決裂”する前日譚が描かれないのですから、「なんだそれ」となりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/74-5c72ee13

[3925]『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、雑論かつ総論

 私自身は『機動戦士ガンダム』で富野喜幸を知って以降、確か昭和五十五年に入学した中学校でも、 野球部に入部したこともあって、当時のアニメファンらしいアニメの受容をし損なったのでした。で、 Ζが始まったのは私と兄が席巻されたザ・スターリンが解散コンサートをした年であり、 テレビアニメ『タッチ』が始まる年でもあって、久しぶりにアニメを観ようと思いついたのです。 ...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん