ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について 富野の恩返し?

 [3925]『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、雑論かつ総論
 [3929]頑張り過ぎの富野由悠季

 を読ませていただきました。

 『逆襲のシャア』とは何か、という点で新しい視点をいただきました。ありがとうございます。
 大塩さんのBlogにコメントさせていただいたものと多少重複しますが、こちらにも書かせてもらいます。

 『逆襲のシャア』は、はじめからガンダムファン、アニメファンのための映画だった、という解釈は俺には手厳しいものに感じました。仮にそうだとしたらマニア市場向けのOVAと変わらないと俺は思うんですよね。映画の皮をかぶったOVAだった可能性がある、という俺の解釈が仮に正しいとしたら、富野ファンとしてはさすがに悲しいものがありますね。(OVAが劣っているという意味ではないです)
 新キャラを多数登場させ一本の映画として成立させる努力の痕跡があるだけに、それに「失敗」しているのが『逆襲のシャア』だったのかもしれない、というのが俺なりの理解です。

 大衆に支持されるのが「芸能」で、一部の篤志家に支持されるのが「芸術」である、という遠藤ミチロウと吉本隆明の対談の文脈でいえば、一般大衆ではなくガンダムファン、アニメファンに支持されることを目的にした『逆襲のシャア』は「芸術作品」だったという解釈になり、(俺の)OVA説より愛が感じられるので、(大塩さんの)芸術説をとりたいですね(笑)。いささかくすぐったいですが(笑)。

 クェスやハサウェイは当時の富野の若者論だった、という解釈も「なるほど……」という感じでした。俺の解釈ではクェスやハサウェイに「当時の若者」が描出されているとしたらそれは実に富野作品らしいなと思えるからです。富野は時代時代に独特の目線で若者たちを描出してきましたから。ただ俺の場合『Ζ』『ΖΖ』に魅力的なヒーロー・ヒロインを見出していただけに、クェスやハサウェイにそれを期待しすぎたところがありました。尺の問題か、コンセプトの問題かはわかりませんが、かれら「困った若者たち」がヒーロー・ヒロインに成長する物語がなかったがゆえに俺には難解な作品になっているのでしょう。
 「クエスのように人生の最後の五秒だけ自立しても遅いんです」という発言があったとしたら、俺のクェス理解にひとつのヒントが加わったことになります。

 「人類は地球のノミだ」というのが(当時の)富野由悠季の認識と考えられる、というのは俺の解釈と違うところです。アムロもブライトも富野だったと思うんですよね。ラディカリズムに対する共感と警戒心の葛藤というのは富野らしい気がします。ただ『逆襲のシャア』に関しては、いかにせんアムロとブライトにはパトスが足りてないんですね。だから俺なんかもシャアの独壇場にみえてしまったきらいはあります。

 大塩さんの記事を読んで痛感したのは、『逆襲のシャア』の情報が俺には決定的に欠けている、ということです。俺はたしか『装甲騎兵ボトムズ』を最後にアニメを卒業してしまったのですね。ですから当時のアニメ雑誌に載っていた富野発言というのは知らないのです。
 「ロボットアニメを離れて考えてくれたらとても嬉しいことだと思います」という発言があったとしたら、俺にとっては皮肉なことになってしまっているのが面白かったです。『逆襲のシャア』のためだけに久々にロボットアニメに“帰ってきた”俺はどうなるんだと(笑)。

 『逆襲のシャア』で富野が目指したもののひとつが、アニメ業界、アニメファンへの恩返しだった、という解釈は新鮮でした。映画志向の富野はアニメ界に外様意識をもっていて、なおかつそこで食わせもらっている恩義を感じたがゆえのものだった、という大塩さんのストーリーはとても魅力的です。
 恩返しというのは『逆襲のシャア』の成功によって“文化人”ポジションにつき、アニメ界隈の地位向上を狙うというストーリーで、もしもそうであったなら、もう一度「アニメという看板」を背負おうとする覚悟があったのかもしれませんね。

*1/20 修正しました。大塩さんのご意見を誤解する部分があり、大塩さんの正確なご意見はリンク先を辿ってください。コメント欄を参照してくださるとありがたいです。
*1/21 修正しました。「ガンダムファン」→「ガンダムファン、アニメファン」


●追記

 本当は、大塩さんとのやりとリのなかで触れた「難民のための政治」について書きたかったのですが、どうもうまくいかなったです。
 難民とは誰かという点が俺にとり不明瞭だったからです。

 「難民のための政治」というテーマが『逆襲のシャア』にあるのなら、疲弊期といえども、さすがの富野由悠季だなと思いました。
 「難民のための政治」というのは今や重く深刻な問題ですから、富野の予見力というのは凄いですね。

 という文章を書きたかったのですね。何かそこに核心的なものがあるように感じられたので。
スポンサーサイト

コメント

種明かしです。

前略 shiwasu5様、大塩です。私の記事に対する丁寧な反応、感謝。実は若者論については私の理解と解釈であり、恩返しの部分は私の推論で。『だから僕は…』か『∀の癒し』からか、「文化人になりたかった」という述懐を読んだことがあり、「やはりアニメしかない」という自伝での決意と合わせて考え、「アニメに恩返しするための文化人」と推論した次第。

 また私が「逆襲のシャア」が「ガンダムファン、アニメファンのために制作したと思える」のは最初の記事を書く前に思い付いていた、「地球(=アースノイド)」の物語の(殆ど)回避で察せられたこと。Ζなどでも地球編があったから「地に足の着いた」物語になったと私は推測し。

 しかし「逆襲のシャア」では地球の状況が描写されるだけで、政治家や市民の「シャアの反乱」への態度や認識の描写、物語を避けてる。私は一本目の記事を書く前に、「(子供の)手から離れた風船」と思い付き。

 しかも「さよなら人類、ぼくらは今日から新人類(ニュータイプ)」という創刊からしばらくの雑誌『ニュータイプ』の宣伝文句から考えて、「アニメファン=スペースノイド(ニュータイプ)」という定義が富野本人に、観念や希望としてあったと仮定するのですよ。

 私自身は本来はいい加減なアニメの受け手で、ムックも購買を避けるようになって久しいのですが、富野由悠季に関しては今も気になる存在であり。「逆襲のシャア」の公開当時はムックは確か二冊買い、アニメ雑誌の寄稿やインタビューも読んでいたのでした。草々

Re: 種明かしです。

 コメント、ありがとうございます。

 ご丁寧な応答、感謝します。大塩さんのご意見について、より理解が進んだような気がします。俺は誤解するところがあったようですね。失礼しました。

 実は手を入れて修正しようと思っていた矢先でした。「芸能」「芸術」論が遠藤ミチロウと吉本隆明の対談での文脈のものらしい、とか、大塩さんのBlogにコメントさせていただいたものと重複する部分がある、とか書き忘れが多かったので。

 一応、大塩さんの恩返しに関する「推論」部分は、「ストーリー」と書いたつもりです。

 ただ「ガンダムファン」「アニメファン」のところは誤解していたようですね。すみません。

 >しかも「さよなら人類、ぼくらは今日から新人類(ニュータイプ)」という創刊からしばらくの雑誌『ニュータイプ』の宣伝文句から考えて、「アニメファン=スペースノイド(ニュータイプ)」という定義が富野本人に、観念や希望としてあったと仮定するのですよ。

 大塩さんの仮定では、「アニメファン=スペースノイド(ニュータイプ)」に、このときの富野は肯定的だったという解釈でいいのでしょうか。
 仮にそうだとしたら、俺が『逆襲のシャア』に見出したものと違うことになります。

 「大塩さんの意見」として誤解した部分は、「俺の意見」であるように書き直してみます。

 種明かし、ありがとうございました。

当時の富野にとってのアニメファンについて

前略 shiwasu5様、「アニメファン=スペースノイド(ニュータイプ)」という定義を示した手前、富野由悠季が肯定していたか否かを断じる義務がありますが、物証を論拠にしようとすると結構難しいです。

 アニメで生活できることに感謝する一方、Ζでは「アニメを観続けると馬鹿になる」を裏の主張にしたと言うし。もし次の世代を信用できれば沖田十三を復活させて古代進と森雪への引き継ぎ式が出来た『宇宙戦艦ヤマト 完結編』のような定型の終わり方が出来たと思うので。

 しかし「逆襲のシャア」はシャアとアムロの因縁の対決に物語を集約させたため、ハサウェイ、クェス、ギュネイに対しても作り手の富野はぞんざいに扱ったと私は理解。

 ただ当時から富野自身、「日本の市民=アースノイド(オールドタイプ)」からアニメファンを、仲間や同志として守る義務は認識していた筈であり。つまり守るべき「ニュータイプ」は非力と思った富野は、オールドタイプとともに人類を救うには人智を否定し、「逆襲のシャア」の結末を「奇蹟頼み」としたと推察するのでした。

 さらなる論理展開は空論の恐れがあると考え、回避したいところ。草々

Re: 当時の富野にとってのアニメファンについて

 コメント、ありがとうございます。

 なるほど、了解しました。

ここでの「難民」というのは

ある意味で「アニメファン」「ガンダムファン」と置き換えるのも可能という感じですね。

とにかくこの作品については富野監督の感じていた「周辺風景」という感じでしょうか。

(いわばロンデニオンでの人工風景みたいに。)


 あと問題なのは『Z』『ZZ』を経て絶対性を失った「アムロとシャア」の求心力の弱さですよね。

 あのギレンの名台詞を借りるなら、それこそ「それは既に形骸である」とでも言うべきか。

 だから当時の自分としては映画を見る気になれず、初めて見たのはビデオ化後だったわけですが。

Re: ここでの「難民」というのは

 コメント、ありがとうございます。

 「難民」が「アニメファン」「ガンダムファン」のメタファーかもしれない、というのは論理展開として考えなくもなかったのですが、いかにせん喩えが大げさだろうと思って判断保留にしました。
 俺の世代にとっての初代ガンダムは、団塊ジュニアにとってのドラゴンボールなんですね。男女問わずクラス中で盛り上がってました。ですから「難民」というイメージはピンとこなかったんです。

 >とにかくこの作品については富野監督の感じていた「周辺風景」という感じでしょうか。

 という指摘は理解できませんでした。「周辺風景」で検索してみたんですが……
 想像するに、当時の若者がクェス・ハサウェイ・ギュネイにみえるとか、終わった話を蒸し返さざるをえない企画がシャアの“いまさら”の戦いにみえるとか、そんな感じでしょうか。

 >あと問題なのは『Z』『ZZ』を経て絶対性を失った「アムロとシャア」の求心力の弱さですよね。

 もう二人は“映画スター”になれなかったんですね。良かれ悪しかれ“スター不在”の映画なんですが、つくりとしては“スター”をあてにした作品になっている。そこが俺には無残にみえたところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/75-0e7fa08c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (18)
富野由悠季 (7)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん