ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダムF91』について 3/7 アニメ声優でなければならない理由

 富野由悠季は“声優”にこだわる作家である。なにも専業としての声優さんばかりではない。顔出しの役者もつかうこともある。
 また“発掘”“育成”にも力を注いでいるという。
 諸事情あるのだろう実写役者で揃えたアニメ映画もあるが、そうしたつくり手ではない。

 『F91』は声優で救われた映画だ。新人の発掘育成というよりも、すでにキャリアもあり実力もある声優で固められている。
 もの凄いスピードで展開する物語を、声優の演技のメリハリで、うまく回していた。

 今作は説明台詞が多いのだが、それをそうとは感じさせない芝居は、アニメ声優ならでは、と言えるのではないだろうか。
 数多くの作品を手掛けた音響監督の藤野貞義のオーソドックスなアニメ芝居が功を奏していた。

 「お肌の接触回線ね」とか「これは盗聴されないので言うんだがな」とか、説明台詞なのに、そうと感じさせないのが素晴らしい。

 ヒロインは、パン屋の娘セシリー・フェアチャイルドと、ロナ家の娘ベラ・ロナという二つの顔をもつのだが、このふたつの顔を冬馬由美がうまく演じ分けていた。
 セシリーのときは高ぶったところのない少女を演じ、ベラのときは少しぎこちなく演じている。
 ベラのときには、「下々の者」に対するこわね、お爺さまに対するこわね、ザビーネに対するこわねを、それぞれ演じ分けていた。このこわねの使い分けが、セシリーが現状に適応しようとしている努力を現しているのだとしたら、実力のある本業の声優さん以外やれるひとはいなかっただろう。
 また迎えにきた母親を拒絶する場面では必要以上にわざとらしく他人行儀なこわね、「お母様の自由はただのわがままにしか聞こえません」というときのこわねは(唾棄でも失望でもなく)内省するようなもので、このあたりのメリハリも素晴らしいし、作品展開の速度に貢献している。
 「ですが敵は何かってみてきたつもりです」という台詞では、背伸びしたこわねをつくっていて、セシリーの必死さが伝わってくる。

 主人公シーブックはヒロインと対称的で、変転する運命に流されることなくしっかりと地に足の着いた若者としてこわねにブレがなく、また感情を素直におもてにあらわし感傷にひたる性格もあって、それを辻谷耕史がうまく演じていた。
 印象に残るのは、台詞に息遣いをのせる演技で、シーブックの微妙な感情を表現していて、一本調子のヒーローにはしていない芝居だ。
 「敵がくる」と気づいたときの息の飲む声、そこから「さがれ」と指示するときの息を吐き出す声が、「一息」に聴こえる。ここでは緊迫感の醸成に成功している。
 友人のアーサーが戦死した場面では、激しい息遣いで死体に語りかけ、「だってアーサーなんだぜ」という台詞のときにはゆっくりと吐き出すような息遣いになっている。死を認めたのだろう。アーサーの死体から離れないシーブックにセシリーが語りかけるが、涙をぬぐうときの芝居はひきこむ息遣いだ。セシリーに泣いているところをみせないでこらえている感じが出ている。その息をひきこむ息遣いから「大人の都合だけで殺されてたまるか」と息を吐き出す息遣いにつながるのだから、ここも物語展開の速度に貢献している。
 戦闘場面では全般的に息を飲む息遣いはひかえめで、息を吐き出す息遣いが多いのも印象的だ。シーブックのパイロットとしての優秀さを現しているのだろうか。

 『F91』はTVシリーズとして企画されたものだという。
 その場合、声優のキャスティングがどうなっていたのか、興味深いものがある。
 富野は前述したとおり、声優の技量を認めながらも、新人や異業種の人も連れてくる監督だからだ。

 とはいえ音響監督に藤野貞義を迎え、声優で固めた『F91』は、それゆえに隙らしい隙の見当たらない芝居の連鎖が魅力的な作品になった。

 『F91』は声優の技量がなければで成立しなかった作品といえる。
 声優の技量がなければ、ここまでスピーディーに展開する物語に、ひとつのフォルムを与えることはできかっただろう。
スポンサーサイト

コメント

冬馬さんは

後に『ブレンパワード』でも使っているところを見るに、富野監督としては、かなり手応えがあった感じですね。

こういった常連性は、他にも井上遥さんをはじめ、川村万梨阿さんや渡辺久美子さんでも見られていくわけですが。

Re: 冬馬さんは

 コメント、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。

 あの「一時代」に渡る常連声優さんというのは不思議なんですよね。
 ずっと同じ常連声優というわけではないんですよね。あくまで「一時代」。あれは何でしょうね。

 最近だと嶋村侑さんが『リーンの翼』『Gのレコンギスタ』で「お姫さま」役を連続出演してますね。

その意味で

常連組が三人も揃った『ブレンパワード』が凄いんですよね。

そこから更に二人も輩出するしで。

Re: その意味で

 コメント、ありがとうございます。

 Wikipediaで調べましたが、なるほど、仰るとおりなんですね。

 音響監督は大ベテランの浦上靖夫氏で、主役ふたりをベテランで囲った布陣だったのかもしれませんね。
 仮にそうだとしたら朴璐美さんの立ち位置の特異性が浮かびあがる気がします。

この時点で

既に『∀』の構想とロラン役への璐美さんの起用は決まっていたらしく、むしろテストケースになった感じですね。

白鳥さんについては、谷口監督とのコンビでいろいろやっていく事になるわけですが。

Re: この時点で

 コメント、ありがとうございます。

 >既に『∀』の構想とロラン役への璐美さんの起用は決まっていたらしく、むしろテストケースになった感じですね。

 へーなるほど、そういう経緯があったんですね。
 情報ありがとうございます。

 白鳥哲さんは、Wikipediaで知ったんですが、非常に多才な方なんですね。
 『無限のリヴァイアス』は残念ながら未見です。面白そうなので機会があれば観たいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/79-fa8594f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。