FC2ブログ

ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

『機動戦士Ζガンダム A New Translation』について 1/4 玩具を利用した時代から過去作を利用した時代へと

 初代世代の俺が『機動戦士Ζガンダム』に複雑な思いをもっていることは書いた。
 書き忘れていることがあるとすれば、「Ζって別にガンダムじゃなくてもよくね?」というものだ。『機動戦士ガンダム』の続編としてではなく、オリジナル新作として製作されても別に問題のある作品ではなかった。(もちろん一工夫が必要であるが)

 商業的要請からガンダムが担ぎ出された経緯はわかる。わかるが、ここまで初代と「違う」空気の作品なら、オリジナル新作でやってもよかったのではないかと思った。

 同じことは『A New Translation』……『新訳』にも言える。ここまでテレビ版と「違う」空気の作品なら、オリジナル新作として製作してもよかったはずだ。

 もちろんオリジナル新作を映画でやれせてもらえない事情が富野由悠季にあることはわかる。
 わかるだけに、『Ζ』人気を利用して「違う」空気の作品をつくってしまうところに、富野流のゲリラ戦法を感じるのだ。かつての「玩具売るから作品はある程度自由にさせて」とったゲリラ戦法から「過去作の続編やリメイクをやるから作品は自由にさせて」といったゲリラ戦法への変更である。

 『Ζ』に複雑な思いをもっている俺ですら楽しめた「カミーユの悲劇」がオミットされたのは、ほんとうに驚いたし、「そりぁないよ」と思った。もはや別作品といっていいと思える。

 “『機動戦士ガンダムF91』以後”の富野が、『Ζ』に耐えられないということは容易に想像がつく。
 おおかたの富野ファン的にいえば“『ブレンパワード』以後”の富野には、ということだ。

 だから変更は予測できたし、仕方がないのだろうと思う。

 俺が『新訳』において富野を「情けないやつ」と思ったのは、製作時の「いまの富野」が、「むかしの富野」と“格闘”した気配がないからだ。新作作画のエイジングのことではない。空気のことだ。『Ζ』のときと同じ失敗をまた繰り返している。
 そうした“格闘”をせず「いまの富野」に引き寄せるように作品をつくりあげることは、「さぞや楽しい仕事だったろうよ」という投げやりな気分になるのだ。

 富野は「むかしの富野」と“格闘”すべきだったのである。ちゃんと向き合うべきだったのだ。
 「むかしの富野」がもっていた「空気」感を再現しろというのではない。そういった職人芸は富野には期待していない。

 『Ζ』が本来もっていた「空気」感と、「いまの富野」がもっている「空気」感の“格闘”をして欲しかったのだ。ケミストリーをみせてほしかった。玩具屋の要求と“格闘”をして「作品」を手に入れた作家が富野なのだから。

 「いまの富野」がもつ「空気」感による改変を得意げに語る『新訳』当時の姿勢には、無邪気なナルシズムしか感じなかった。

スポンサーサイト

コメント

私は若者への願望と理解しました。

前略 shiwasu5様。実はJINさんのコメントの返しで「新訳制作時に監督がカミーユと本気で付き合ったか疑問であり」と書いた直後に貴方の記事を読んで驚いた次第。https://blogs.yahoo.co.jp/birst_head/6377584.html#63888365
 今日はカミーユについて論じましたが、新訳自体に関しては皮肉というより富野自身にとって必要なフィルムだったと私は評価。貴方の記事四本とも的確な記事と思うものの、組織論や政治劇も上手くやる余地はあったと考えていて。明日以降にでも書く予定。草々

Re: 私は若者への願望と理解しました。

 コメント、ありがとうございます。貴blogのコメント欄にも返信を書いておきました。

 記事への反応、大変嬉しゅうございます。いつも以上に論旨不明の酔っ払ったようなとっ散らかった文章で読みにくかったでしょう? ごめんなさい。

 お察しのとおり、貴blogのコメント欄を読んで、触発されてところもあります。『新訳』を観返したのです。

 「若者への願望」というのはそのとおりかもしれませんね。

 俺としては「キレる少年」という当時の先進的な若者像を博物館におさめる歴史遺産のように残しおいて欲しかったですね。もったいない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/86-85ad5995

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (12)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (2)
Ζ (4)
F91 (9)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん