ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Ζガンダム A New Translation』について 3/4 歪な魅力のゆくえ

 かつて初代ガンダムの劇場版もまた『新訳』だったと書いたことがある。テレビ版にはなかった「アムロの物語」を劇場版で捏造したのだ。

 『Ζ』の『新訳』はどうだろうか。同じことが言えるだろうか。テレビ版に「カミーユの物語」はなかったのだろうか。
 俺はテレビ版『Ζ』には「カミーユの物語」が描かれていたと思っている。それが俺のような初代世代にとって魅力的だったかどうかは別にして、たしかにテレビ版『Ζ』には「カミーユの物語」が存在していた。

 初代は星山博之が中心となって脚本には口を出させないという了解があったと記憶している。
 初代テレビ版の富野は「キャスティング・ディレクター」寄りの監督だったのだ。初代劇場版における“捏造”はベテランの書いた優れた各話エピソードが素材になったのである。だから成功したといっていい。

 『Ζ』は違う。当時ガンダム世代の先頭、未熟な若者たちによってつくられた作品だ。各話エピソードはバラエティもクオリティも初代には遠く及ばない。『新訳』の素材にするには貧しすぎる。
 未熟な若いスタッフを従えた富野はこのとき「ワンマン・ディレクター」寄りにならざるを得なかったのではないだろうか。

 富野はおおまかなストーリーの枠組み、方向性をつくることに重心をおいて、物語は専門家に任せた方がより魅力的な作品を生み出す作家だと思っている。その大事な各話エピソードが星山博之のようなベテランのアドバイスを受けられなかったのは悲劇だった。
 
 「ワンマン・ディレクター」寄りになった富野は、若いスタッフへのディレクションを富野色のより強いものにしていったのではないかと推測している。その富野色の濃さが『Ζ』の評価の分かれ道になっているのだろう。富野色に痺れる人もいれば引く人もいる。(『海のトリトン』『無敵超人ザンボット3』『伝説巨神イデオン』など、どの作品で富野色に痺れたかは世代論でしかない)

 しかしここに悲劇がおこる。『聖戦士ダンバイン』から『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』までの「疲弊期」の問題だ。疲弊した作家は過去の作品に頼り、自己模倣をはじめるものだ。『Ζ』はまさにその典型だ、ということは以前書いた。

 テレビ版『Ζ』はあまりにも多くの自己模倣で成立した作品だ。優れた作品とは俺にはとうてい思えない。しかし俺にとっては、その混迷、混沌、歪みこそが『Ζ』の魅力なのだ。

 『新訳』は違う。「疲弊期」がもたらす混迷、混沌、歪みが鳴りを潜め、カミーユを中心としたすっきりした物語に再編集されている。
 俺のような人間にとっては、『Ζ』からそうしたものを取り去ってしまえば、ただ残るのは、数ある駄作のひとつにすぎないということだ。
スポンサーサイト

コメント

今日は自分語りが多くなりました。

前略 shiwasu5様 私の記事こそ読みにくいと思いますが、今回の主張は物語の芯の抽出に失敗したのがΖの脚本ということです。草々

Re: 今日は自分語りが多くなりました。

 コメント、ありがとうございます。貴blogのコメント欄にも返信を書いておきました。

 「物語の芯の抽出に失敗した」というのはわかる気がします。

 以前にも書きましたが、『Ζ』の場合、俺が楽しんだのが「カミーユの物語」で、「シャアの物語」は邪魔にすら感じていたんですね。
 しかし俺のその見方の方こそ“間違っている”という自戒があるだけに、自分は(初代世代云々をおいておいても)『Ζ』の「いいお客さんではなかったな」と思っています。

 俺が邪魔に感じた「シャアの物語」こそ政治劇(になる予定)だったのかもしれませんね。
 その政治劇が「物語の芯」のひとつだったとしたら、このときの富野は「欲張りすぎ」「ラディカルすぎ」「真面目すぎ」たんだと思います。

秋刀魚の美味さは

それこそ「皮」や「内臓」も付いていてこそという感じでしょうか。

「カミーユの物語」が本格的に始まるのは、それまで一緒のシャアが一時退場した後の17話からで、そこでデビューの遠藤脚本が次第にメインとなっていく感じですね。

遠藤氏としては、むしろ「二年目」からが本格的なカミーユだと思っていたらしかっただけに、その退場は大きかった感じです。

Re: 秋刀魚の美味さは

 コメント、ありがとうございます。

 秋刀魚のたとえは秀逸だと思いました。

 >遠藤氏としては、むしろ「二年目」からが本格的なカミーユだと思っていたらしかっただけに、その退場は大きかった感じです。

 これは以前にもお教えくださいましたね。
 しかし二年目のカミーユというのはちょっと想像つかないですね。
 やはり精神崩壊してこそが「カミーユの物語」のラストにふさわしいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/88-1d9d3915

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (10)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。