ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

富野由悠季への愛を告白するBlogです。熱狂的なファン時代は過ぎ、今はちょっと遠くから眺めている感じでしょうか。 『伝説巨神イデオン』で“ゴーチンby小松左京”されたクチです。

『機動戦士Ζガンダム A New Translation』について 4/4 子供向けの悲劇から大人向けの佳作へと

 『新訳』は駄作だったのだろうか。決してそんなことはない。
 テレビ版から失ったものは核心的なものだったが、それでも『新訳』において補われたものもある。

 一つめは「大人チェック」とでも呼ぶべきもので、テレビ版にあった無駄に不自然な芝居が改変され削除されていることだ。エキセントリックな芝居が消え、作中人物たちから険が取れて、人物間の緊張が緩和された。作品全体が「子供の必死さ」から「大人の余裕」にシフトして、より気楽に観られるエンターテインメントになった。

 二つめは「戦闘のカタルシス」が描かれるようになったことだ。以前にも書いたがテレビ版は「戦闘のカタルシス」が少ない。名も無きモブ敵ですら小破で引き上げてしまうので「戦闘のカタルシス」がなかったのだ。おかげでシャアの強さが不分明になった。『新訳』は違う。敵が次々と撃墜されていく。シャアの強さもわかるし、カミーユの天才ぶりもより鮮明になった。シャアが弱くなったのではなく、カミーユがいきなりシャア・クラスの活躍をしていることが判明したわけだ。

 三つめは「悲劇の繰り返しがなくなった」ことだ。テレビ版は「ふざけているのか~」というくらい似たような悲劇が繰り返される。ほかにドラマを盛り上げる手立てがないのかなと苛立ったものだ。それが『新訳』ではフォウの悲劇が一度きりである。「そうそう、そうあるべきなのだ」と胸のつかえが下りるような気分を味わった。

 四つめは「人物描写に深みがでた」ことだ。レコアが部屋の観葉植物を処分しようとする場面を付け加えるだけで彼女の心理が伝わってくる。そこからシャアにキスをせがむ流れもわかりやすい。サングラスをめぐる芝居にもなっているのだから秀逸だ。ブライトが会議中にホームビデオをみていてそれがバレる流れも楽しいし、そのかれがカミーユとファを囃し立てるクルーにかまってられるかと言うのだから、その年齢その年齢で違う愛のかたちが描かれたとみていいだろう。

 五つめは「シャア物語のオミット」だ。テレビ版はカミーユの物語であると同時にシャアの物語でもあった。シリーズ途中まではシャアも主人公のひとりだった。ダカール演説などシャア物語の見どころはいろいろとあると思うが、それらがまるごと削除されている。シャアを主人公にしたプロットがなくなり、主人公はカミーユひとりに絞られることなった。主人公ひとりをメインに据えながら、その周辺や背景は最小限で描く、といったさじ加減になっていて、すっきりと観やすい作品に変貌した。

 六つめは「大状況を描かない」点だ。テレビ版は政治劇でもあった。なぜ政治なのかといえば富野が組織論をやりたかったせいもあるだろうが、シャアを主人公にした物語は政治級だったからだろう。大状況は政治級の物語の舞台だ。シャアが主人公から降板すれば、政治級の物語は必要がなくなり、大状況を描く必要もなくなるわけだ。カミーユを主人公にした戦術級の物語に集中できるわけである。そのなかで「悪人退治」が描かれることになるのだから、肩の力を抜いて観ることのできる映画といえるだろう。

 以上、六つあげた点が、俺が『新訳』に見出した魅力だ。
 不細工だが、ベテランの妙技を味わえる、ひっそりと愛でていたい作品だと言える。
スポンサーサイト

コメント

サラが強調されている感じもありますね。

こちらはテレビの主要部分のほとんどをしっかりやってますし、一部ではロザミアの部分も流用して。

コメント、ありがとうございます。

 シロッコの絡みでどうしてもサラ(とカツ)は重要なキャラクターにならざるを得ませんからね。
 その重要なサラの声優問題はやはり残念です。

改変としては

エマの変化も顕著でしたね。

テレビ版ではシェリルみたいな苛立役が目立っていたに対し、こちらは実に落ち着いた役割。

レコアへの怒りなど、自分的には性的ヒステリーみたいなテレビ版のインパクトがやはり絶大でした。

Re: 改変としては

 コメント、ありがとうございます。

 まったく同感です。

 劇場版のエマは女性としての幸せを手に入れることができてよかったですね。可愛かったです。

 テレビ版のエマは仰るとおり、女性としての充足を得られなかった「レコアの対称」といった感じです。

 テレビ版の場合、エマは序盤のヒロインでしたから、カミーユに惹かれていたような描写もあり、レコアのこともあって、性的充足を得られない苛立ちが感じられて、俺などはかえってそこに魅力を感じていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/89-ffd75347

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
どんな奴か?
自己紹介。最終学歴は専門学校卒。(東京デザイナー学院アニメーション科)
小学時代→遊び時間と授業時間の区別がつかず。
中学時代→校内暴力をのびのびとエンジョイ。
高校時代→管理教育で次々と仲間が退学していくなかなんとか卒業。
浪人時代→二年間、進学/就職浪人をする。
本屋でバイト→本屋潰れる、古本屋でバイト→古本屋潰れる。クラブ通いで某事件を起こし警察に捕まったのもこの頃。
専門学校時代→馬鹿みたいに楽しかったが、周囲の才能に圧倒される。同期に吉田健一や長濵博史がいて、三人でつるんで歩いたこともある。やつらと較べた俺が間違いだった。
虫プロ入社。最低限の固定給が約束されているいい会社でした。『うしろの正面だあれ』の生活描写についていけず退社。絵が下手なのを実感。
バイト時代→バイトしながら漫画家を目指す。気に入ったコンテが描けず挫折。
デザイン系の会社のバイトから正社員へ。
現在は鬱(双極性障害)のため地獄を彷徨う。彼女と別れる。誰か背中抱いていてくれ。

好みの傾向
・アニメ五選(TVシリーズは除く)
『白い牙』
『機動戦士ガンダムF91』
『AIR』
『もののけ姫』
『アリオン』
・漫画五選
『メトロポリス』
『がんばれ元気』
『デビルマン』
『GANTZ』
『天然コケッコー』
・小説五選
『砂の惑星』
『狼の紋章』
『逃れの街』
『ながい坂』
『剣』
・映画五選
『ブレイブハート』
『ダークシティ』
『夜の大捜査線』
『用心棒』
『イージー・ライダー』
・音楽はわかりません。
世代的にいえば
サザン、YMO、尾崎、マイケル・ジャクソン、U2あたりが直撃です。
クリス・レアとかビリー・ジョエルとかも好きでした。(英語歌詞わからんけど)
・政治傾向
公武合体、天皇機関説、大きな政府、死刑廃止論者。
・女性の好み
シャアにとってのララァみたいな。
・男性の好み
元気くんのお父さん。
・富野由悠季の好きなところ
一生懸命なところ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガンダム (19)
富野由悠季 (11)
アニメ (13)
雑記 (5)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (21)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん