ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンダム』のキャラデザは失敗だった!?

 “ン年ぶりに『ガンダム』を観ていていまさら気づいたこと”の追加になるかな。

 今回毎日のようにオープニングを観ていて“いまさら”気づいたのは、「ブライトも主人公だったのか」ということ。
 オープニングでアムロと対になるように描かれているのが、ブライトなのだ。しかも前作『ダイターン3』の主人公の役者を起用、毎回タイトルの読み上げも彼である。
 アムロがロボットバトルの主人公としての役割を担わされているとしたら、ブライトは部隊全体の動向を視聴者に伝えるための役割が与えられていたのだろう。
 『ガンダム』は基本「ダブル主人公もの」として設計されていたわけだ。

 じゃあなぜ、それにいままで気づかなかったのか、というと、キャラクターデザインのイメージに引っ張られた、ということがある。
 安彦良和のデザインしたブライトは、どうみても「脇役顔」である。「もうひとりの主人公」というデザインではない。
 
 オープニングには登場しないが、もうひとりメインになるはずだったキャラクターがいる。もちろんシャアだ。
 シャアは、敵側の動向を視聴者に伝えるための役割だったろう。彼は、ロボットバトルでも、部隊同士のバトルでも、いわば(敵側の)視点人物になってくれる便利な存在だ。
 主人公側ではアムロとブライトに分割されていた役割が、敵側ではシャアひとりに集約されている。敵側の描写を無駄に増やさないための設置だろう。

 主人公ふたり、敵ひとり、という基本設計であったわけだ。
 しかし、そのキャラクターデザインが、絶望的にヒドかった、というのが、今回“いまさら気づいたこと”である。

 安彦主人公の典型顔のアムロはともかく、ブライトは「脇役顔」だし、シャアは「仮面」をつけてしまっている。
 これで芝居を組み立てろ、と言われても、かなり難しかったと思われる。

 富野監督が安彦良和のキャラクターデザインにブツクサ文句を言っていたことは知っていたのだが、子供の自分にはピンとこなかった。
 今回あらためて、作品の基本設計と、キャラクターデザインが齟齬を起こしていることを理解できた。
 そりゃね、文句を言いますよ。

 しかもおそらく富野的に腹が立つのは、安彦良和が自分で原画をやれば、あら不思議、「脇役顔」のブライトも微妙な顔の演技をし、シャアも口元だけで演技をしてしまうわけである。まさに天才の仕事ではあるが、「そんなんおめーが原画のときだけだろーがああ」と俺が監督の立場なら号泣するね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shiwasu5.blog12.fc2.com/tb.php/9-376641d1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

shiwasu5

Author:shiwasu5
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ガンダム (19)
富野由悠季 (8)
アニメ (13)
雑記 (3)
逆襲のシャア (8)
G-レコ (20)
ΖΖ (1)
Ζ (4)
F91 (7)
新訳Ζ (4)
V (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。